建築系ホームページにおけるwordpressの位置づけ

bike%e3%82%ac%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b8

こんばんは、平野です。GWもやはりWEB作りに明け暮れました。

生産性が常に改善しております。体調管理し、いつも万全です。

最近はクラウドワーカー8名をディレクションし、WEBを1日30ページくらい制作・納品しております。

今日はワーカーさんがお休みの為、一人で作り続けています。

WEB運用を体系化し、建築業界にお役立ていただきたいです。

さて今日は、皆さんからの相談が多い「wordpressってどう?」という質問について、書いてみたいと思います。

企業公式ホームページやオウンドメディアの初めの一歩は、wordpressが非常に多いですね。

とても良い仕組みです。

wordpress等のWEBシステム選択においては「WEB制作コストに関する価値観」がポイントとなるかと思います。

コストパフォーマンスを求めるのであれば、無料に近い仕組みを選ぶと良いですが、大切なのは「環境変化への対応」となります。

システム選択で、塩漬けを回避しましょう

企業ホームページは塩漬けになる事が良くあります。

何故塩漬けになってしまうのでしょうか。

結論としては、システム選択にミスが潜んでいるケースが多いと、弊社では考えています。

塩漬けにならないように、システム選択を上手く行う事が重要と考えます。

可変性を考慮したシステム選択

システム選択で重要なのは、可変性となります。

可変性のあるシステムを選択するだけで、WEB業務の生産性が向上するのが理由です。

無料、もしくは安価でHPを作りたいという会社さんが、かなり多いと思います。

まずは無料、もしくは安価に使用できるシステムを列記してみます。

・平htmlサイト(dream weaverやsublimetext等のエディタ・FTPを使用して作成)
・wix等のHP制作ツール
・amebaやFC2等 日本のブログシステム
・bind、HPビルダー等の市販アプリケーション
・movabletypeやwordpressといったスタンダードCMS

WEBサイトを安価に制作するのであれば、スタンダードCMSであるwordpressが現時点のWEB環境(スマホ・タブレット全盛、SEOからコンテンツマーケティングへのシフト、SNSの潮流、動画等総括的な環境)では、お勧めです。

それ以外のWEBシステムと比較すると、運用に大きなコストパフォーマンスがあります。

価格を優先するなら、wordpressにメリットがある

企業のオフィシャルWEBやオウンドメディアを50万円以下という安価に収めたいのであれば、wordpressを選択すると良いです。

それ以上費用をかけるのであれば、オリジナルシステム制作と両天秤でいきます。

個人事業や中小企業HP、最初の一歩にwordpressをすすめる理由は以下となります。

①無料で商用のサイトが作れる
②アップデートが頻繁に行われている
③デザイン・UIはかなり自由に出来る
④集客・SEOに強い
②中小企業のアクセス規模の相場 10000アクセス以下/月位であれば受け止められる
⑥動的言語で自動化出来る
⑦言語が分からなくても、ソースがWEB上に散らばっているのでかなり適応できる
⑧制作者の数が多い(ので更新が安価になる)
⑨数多くのプラグインが開発されており、色々なWEBが出来る
⑩SNS、デバイス等の変化の速いWEB事情に対応できる

そしてwordpressを使用する場合、その先のテンプレートやプラグインの制作・選択も大変重要となります。

中小企業のサイズに合ったシステム選択

中小企業で、工務店・設計事務所・専門工事会社のブランディングや受注に貢献するには、大きなWEBシステムは必要ありません。
(※ここでいう大きな仕組とは、自動化の仕組みを持つ大規模ポータルサイト等です)

プログラミングの価値は利益貢献にあると考えています。

同じ利益を産めて・運用コストも同じであれば、最短ルートを選択します。

時には、「機能を作らない選択」も吉かもしれません。

その為に何をするかというと、システム選択です。

これに間違うと、企業のオフィシャルWEBやオウンドメディアは必ず塩漬けになります。

塩漬けになると、貴重な問合せ入り口を捨てる結果に繋がってしまうのです。

WEBにかけられる費用は限られていますので、初めは身軽なシステムで始めると良いと思います。

現在は制作会社さんによってwordpressをカスタマイズした仕組も数多く出ています。

これらの「準オリジナルな仕組」を持つ制作会社さんに作ってもらうとすれば、その制作会社さんと「ずっと付き合う前提」であれば良いと思います。

また、制作前に運用時のコストも聞いておくのが大事です。

システム選択のコンサルティングが秀逸で、プログラミング、デザイン、ディレクションの3つが整った制作会社を選ばれると良いと思います。

まとめ

建築会社のWEBシステム選択、費用を抑えたい方は今のところwordpressです。

制作・運用コストを抑える事で業務効率が上がるという利点があります。

ですが一点だけご注意は、有効なWEBシステム選択はその時の環境によって変わります。

弊社は経営に寄り添うという目標の下、このような最新情報を常にキャッチアップしてゆきます。

引き続きオウンドメディア(独自ドメイン)の施策と最新事情をお届けしてゆきます。

(平野)

Follow me!