【WEB運用ナレッジ】WEBでデザインできるものはWEBで

img_0489_r

WEBデザイナーのAです。

WEBデザイナーにとって、フォトショップ(ps)・イラストレーター(ai)は必須のスキルです。

そんな中、紙媒体デザインを任される事もあります。

最近はBootstrupというCSSフレームワークが流行しており、ミライスタイルのつくるWEBサイトでもBootstrupは多用します。

WEBでデザインできるものはWEBで

昔は、PCのWEBデザインしかなかったので、フォトショプでボタンやバナーなどをpsで切り出す事が多かったと思います。

今はスマホ対応必須時代なので、CSSで書いておいたほうが運用が楽です。

基本的にはWEBでデザインできるものはWEBでデザインするという考え方が良いです。

WEBデザイナーも仕事領域を広げていく

HTML・CSSに加えて、PHPやJSと、コーディングだけでもやることは増えていきます

psとaiを使える=紙媒体へ。

紙媒体とWEBに共通するのは、ディレクション。

ディレクションすれば、ライティング

・・・と、たくさんです。

だんだん仕事の境界線がなくなってきます。

でもスキルを増やせれば、WEBデザイナーの仕事の価値も上がっていくと思います。

とりとめのない話になってしまいましたが、とにかくWEBでデザインできるものは運用性を考慮して、WEB(CSS)で

最近、代表とそんな話をよくします。

これからのWEBデザイナーのテーマかもしれません。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら