アドソル法務サービス様の更新コンテンツを公開!!

img_0516_r


こんばんは、久しぶりにブログ更新のプログラマのRです。

今日は代表と2人で半日かけて、旧お客様のWEBサイト更新コーディングをしました。

医療法人経営者向けセミナー のご案内

必要な情報が記録されている為、更新の仕事もスムーズです。

WEB制作は長くお付き合い頂けば頂くほど、お客様にコスト削減効果を提供できます。

ミライスタイルでは「納品後のアフターフォローをとにかく徹底する」という事を大事にしています。

本日は長く付き合いを続けた末に達成されていく運用、

WEBサイトを効果的に運用していくための方法を紹介します。

WEB運用を効率化するための方法1 FTPを制作会社と共有する

例えば、新規で保守契約したWEB制作会社とはまずFTP情報を共有する必要があります。

さらにファイル構成をチェックするやり取りが発生します。

これには、実はかなりのコストが発生します。

目に見えない、時間・コストがかかっていますので、制作会社側が投げやりになってしまう、という非常に残念な事態が起こります。

出来ることならアフターフォローの徹底した、長く付き合えるWEB会社を選び、更新してもらったほうが、このようなリスクが回避できます。

WEB運用を効率化するための方法2 システムを制作会社と共有する

例えば、WEBの表側をMT・WPでつくるか、はたまたそれ以外のCMSなのか、LPのみなのか、平打ちのHTMLサイトなのか。

これをWEB制作会社と早い段階で決めて、システムを共有する事が重要です。

例えば、WEB広告会社は新規導入費用がかかります。

それはドメインやサーバー情報、システム・データ等が何も共有されていないから、ディレクションにコストがかかる。事が理由なのです。

WEB運用を効率化するための方法3 CSSを制作会社と共有する

CSSはコーディングにおいて不変です(書き損じも許されます(サイトは動く))。変化の必要がないCSS、は先に基本のものを書いておいて、それをお客様と制作会社で共有する事でWEBサイト更新・活用のスピードが格段に上がります。

そして、制作会社も「CSSはこれ、JSはこれ」とコーディング手法を統一している会社のほうが組織力があり、良い制作を提供できます。

このあたりもフリーランスのWEBデザイナーには実現できない、WEB制作会社の強みです

WEB運用を効率化するための方法4 理念を共有する

これです。最も重要です。

技術は共有できても、理念まで共有できるパートナーというのは、いないのではないでしょうか。

理念を共有するから、制作に熱が入る。これにつきると思います。

まとめ

とにもかくにも、長くお付き合いをすることでコストも抑えられるし、結果にもつながる=利益につながるWEB運用が具体化されます。

逆にいうと、長く付き合えない関係では、いつまでもお互い適正利益を生む事はできません

弊社が、お客様へ継続的な価値提供をするWEB運用というジャンルに特化しているのは、そんな背景があります。