【WEB運用ナレッジ】SEO対策とは

a0960_007600

プログラマのKです。今日は”SEO”について話をさせていただきます。

SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語になおすと検索エンジン最適化になります。検索結果を表示する時にできるだけ自社のHP(ホームページ)が、見てもらいやすい所・上位に表示されるようにする技術がSEOです。

ユーザが検索エンジンにキーワードを入力した場合、そのキーワードを含むHP(ホームページ)の一覧を表示する働きをしているのが、検索エンジンです。

できるだけキーワードを入力したユーザの意向にそうように表示の順番を検索エンジンが決めます

順番を決めるのは検索エンジンに組込まれたプログラムで、各検索エンジンは別々のプログラムで動いていますから、厳密にはSEOは個々の検索エンジンに対応した技術です。

初期の検索エンジンはHPの最初の部分にキーワードが多く含まれていればユーザの求めているHPの可能性が高いと機械的に判断して、上位に表示していました。

ですから、キーワードをHPの上部に多く配置して上位に表示されるようにする機械的なテクニック・技術が通用していました。

現在、検索エンジンを提供している会社が、人工知能の研究、正確には「Machine Learning による機械知の研究」を行っていて、その成果を自社の検索エンジンに反映してきています。

形式的な扱いではありますが、今の検索エンジンはある程度「意味」に留意してキーワードとの関連の強さを判断し、表示の順番を決めるようになってきています。

技術的テクニックだけにたよった対策は通用しづらくなってきており、極端に技術に偏った対策は検索エンジンスパムと判断され、HPが検索結果の一覧から削除される可能性もあります。

技術・テクニックだけのSEOは通用しないのが直近の未来の話です。

検索エンジンがキーワードのユーザにとっての「意味」を類推して、上位に表示するかどうかを決定するようになってきています。

逆にいえば、企業がユーザに提供したいサービス、あるいは「いかにしてユーザのニーズに応えるのか」のか、「いかにしてユーザの潜在的ニーズを捉えようとしているのか」、「いかにして良質なサービスのシーズ(種)を見つけようとしているのか」を明確にして、その意を伝える内容をしっかりとHP化すれば、小手先のテクニックに頼らなくても検索結果の上位に表示されるようになってきているともいえます。

また、これは現在の機械知の弱点なのですが、基本的にインターネット空間から収集した大量のデータ、どのキーワードでどんなHPがクリックされたかというような統計的データをもとに現在の機会知は動作します。

多くの人がどのようにキーワードの意味をとらえているかという情報をもとに判断するのが、今の機械知です。簡単にいえば「多数決の原理」で判断してしまう傾向が強いのが機械知の現状です。

そうしますと、当然ニッチな業種のキーワードは業種に対応した捉え方をされない傾向が出てしまいます。

ギリシャ文字の”Ω”という文字がありますが、これは電気・電子系のエンジニアには「オーム」という抵抗を表す単位ですが、時計屋さんには「オメガ」というブランド名ですし、神話・サーガ系の小説のファンには何らかのシンボルを表す文字になっているかもしれません。

検索エンジンの利用者に時計屋が多ければ電気・電子系のエンジニアにとっては、目的とするHPが上位にでてこない結果になるわけです。

ユーザに伝えたい内容をよく吟味し、意味を理解しやすくなるようHPをデザインするのが基本です。

企業のHPの場合、この基本に加えて「多数決の原理」にどう対応するかが「SEO:検索エンジンに対応したデザイン」における重要なポイントになります。

当社では、IT技術であるSEOの提供にも、最も得意とする建築関係の業種を中心に、その業種で用いられる言葉とその意味を考慮し、想定されるユーザのニーズ・シーズまで考えをめぐらせ、企業様に寄り添うようにIT技術の提供をさせていただきたく、日々努力いたしております。

(K)
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら