【WEB運用ナレッジ】WordPressの特徴について

つくばみらい市の道からの風景

プログラマのKです。今日は”WordPress”について話をさせていただきます。

WordPressは、ホームページを作成・開発する開発環境のひとつです。

コンピュータ上で何らかの作業をする場合、その作業用のプログラムが必要です。

この作業用プログラムが一つですむ場合は「環境」とは言いませんが、作業に必要なプログラムが複数ある場合「環境」と言います。

なんらかの「システム」を作成する場合「開発」という表現を用いますので、WordPressは複数のプログラムを連携させてホームページ(HP)というシステムを作る手立てを提供しているので「開発環境」、複数のプログラムが自動的に連携するようになっているので「統合開発環境」と云うこともできます。

HPを構成する材料をコンテンツと呼びます。

いまのHPは文字だけではなく音、静止画像、動画など色々な種類のコンテンツから構成されています。コンテンツの種類ごとに対応するプログラムが必要になります。

さらに企業のHPの場合、多数の取扱商品のデータベースからリクエストされた商品についての情報を提供・表示するなどの機能は重要です。

このようなデータベース機能を持たせる場合、データベースクライアントという、データベースからデータをもらいHPに表示するプログラムをHPに埋めこみます。

データベースクライアントは、データベースの本体を管理しクライアントからのリクエストに応じてデータを渡すデータベースサーバーと云うプログラムと対になって初めで動作します。

WordPressは、特にデータベースプログラマとしての専門知識を有さないユーザにもデータベースも含めた、各種のコンテンツを簡単にかつ正確に扱う環境を提供しています。

WordPressのもう一つの特徴は、WordPressの環境を構成するプログラムが定評のあるフリーウェアだということです。

フリーウェアとは無料で配布可能なプログラムでその内部が公開されていることが特徴です。HPのようなシステムの構成・運用にかかわるプログラムに要求される第一の要件は「信頼性」です。

元々インターネットに関わる主幹的な技術・プログラムはフリーウェアまたはオープンソースとして開発されてきたものが大多数です。

しかもWordPressを構成している各プログラムは数多くのユーザ(ネットワークエンジニア、データベースプログラマ等)に長年使いこまれ、不具合の改善、機能の向上を繰り返された、「枯れた」プログラムばかりです。

この場合の「枯れた」というのは、使用実績があり信頼性が高いという意味で、企業様でHPを持たれる場合、この「高信頼性」の方が重要なポイントになると思います。

また信頼性に関連して、ネットワーク上の「セキュリティ」の問題がありますが、フリーウェアの開発には、高度な技能を持つ(よい意味での)ハッカーが数多く関わってきた経緯もあり、「セキュリティホール」というセキュリティ上の問題点はたえず最先端の技術で改善されつづけています。

またフリーウェアは、商用のプログラムと異なり、そのプログラムの内部は公開されています。

もし万が一問題が生じた場合でも、WordPress.comのエンジニアが問題の原因を早期に発見し、対応することが可能になっています。商用のプログラムですと問題が発生したら、問題解決をプログラムの開発元に依頼するしかありませんので、タイムラグが発生し、その間システムの運用停止などの状態になることも考えられます。

WordPreeのメリットは、使いやすいので「短納期」で信頼性の高いHPシステムを構築・提供できる。セキュリティも含めた運用上の信頼性も「非常に高い」の二つに集約できるかと思います。

当社では変化するニーズに柔軟に対応し、企業様に寄り添うかたちで提供できるIT技術としてWordPressが合う会社様には、提案・採用いただく事があります。

(K)
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら