Bootstrapとは

a0960_006729

こんばんは、プログラマのKです。

本日は「 Bootstrap 」について話をさせていただきます。

コンピュータのハードウェアエンジニアや組込み系のプログラマにとってBootstrapは、”Boot strap loader”の意味です。

Boot strapは、もともとブーツを履く時にブーツを引っ張り上げるつまみ革の意味で、つまみ革があれば、自分一人でブーツが履けます。

一人でブーツを履けるから、他に頼らずに何かをすることの意味になり、そこから転じてコンピュータのハードウェアが、ハードウェア自身で最初のプログラムをメモリに読込む動作、あるいは読込むための仕組みを示します。

WebエンジニアにとってBootstrapは、Twitter Bootstrapを意味します。

元々はTwitter社で作られたCSSフレームワークです。

CSSは、Cascading Style Sheetsの略で、データの本体またはデータの内容および情報構造とは別にスタイル、表示方法を規定する文書です。

フレームワークは、「枠組み」「骨組み」「下部構造」などの意味です。

フレームワークは、「ソフトウェアフレームワーク」「アプリケーションフレームワーク」ともいい、実体は「API」「モジュール」「ライブラリ」「クラス」「テンプレート」などで提供さます。

テンプレートは「雛形」という意味ですから、フレームワークのイメージが一番直接的に対応するように感じます。

Bootstrapでは、フレームワークを追加・拡張するための方法・規約も規定されています。

クラスとライブラリとモジュールは、プログラム言語の違いによる呼び方の違いです。

言語の種類によってクラスと呼んだり、モジュールと呼んだりします。

またC言語などの昔からある言語では、厳密な意味で「クラス」を扱う仕組みがありませんので、「ライブラリ」という表現になります。

基本的には、プログラマがプログラム中からライブラリを呼出してその機能を利用しますが、Bootstrapなどのフレームワークでは、プログラマがどのライブリを使うかを選ぶのではなく、フレームワーク側で、これらのライブラリをこのように使いましょうと規定してきます。

これをInversion of Controlを略してIoC「制御の逆転」と呼びます。

Bootstrapには、画面サイズに応じて使用するスタイルシートを指定する方法も規定されています。

この機能を「メディアクエリー」といいます。

Bootstrapのメディアクエリーは、CSS3に対応していますから、Version3.6以下のFirefoxやIE7以下では、無視される又はうまく動作しませんが、対応したブラウザであればCSS3の特徴的な機能を楽に使用できます。

またBootstrapは、JavaScript言語からも利用可能です。

さらにJavaScript言語のjQueryというライブラリを使いますとCSS3の高度な機能をさらに短い記述で利用可能です。

JavaScriptは、「スクリプト」と呼ばれるタイプのプログラム言語の一つです。

ライブラリは、何行か何十行かプログラムを書かないと実現できない機能を一行、場合によっては数行書くだけで実現するための仕組みの一つと思ってください。

BootStrapを用いれば、高度な機能を簡潔に記述できます。

高機能なWebアプリを短納期で開発可能にする技術の一つです。

当社では、企業様に寄り添ったIT技術の提供を行わせていただくために、BootStrap技術も適切に提供させていただける体制をとらせていただいています。

(K)

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら