CGMとは

a0960_007600

こんにちはディレクターのSです。

今回はCGM(consumer generated media)についての記事を書きたいと思います。

CGMとは消費者によりインターネットサイトの内容を形成していくメディアのことです。

個人の情報発信をデータベース化、メディア化したWEBサイト、

ブログ、口コミサイト、SNS、はすべてCGMといえます。

上記の例として食べログ、2CH、ブログ、FACE BOOK、TWITTER、クックパッド、NEVERまとめなど、

インターネットを使う人ならだれでも知っているサイトが

それにあたります。一般人が書いているという概念からいうと、

Wikipediaもそれにあたりますね。

上記サイトはインターネットを使う人ならだれでも知っているサイト

ということからみると、すべて成功例と言えるでしょう。

なぜそうなのかと言うと、そのサイトがテーマとしている情報に

愛情を持った消費者が書くので、情報に熱がこもっているからです。

中でも2CHは玉石混交の批判はありますが、上記のサイトの中では最も古くからあり、

成功している例であるといえるでしょう。

実際、私は料理を上手に作りたいときは食べログ、近況を報告したいときは、

FACE BOOKなどのCGMを使っています。

プロの書いたHP VS CGMの観点で見たとき、CGMの方は消費者が作っていて、

制約がない分、リアルで自由な意見が聞けるのかもしれません。

しかし、制約がない分、情報がリアルすぎて質が落ちるという問題もはらんでいるかも知れなく、

またモラルのレベルが企業のHPよりも低いという問題点もあるのかもしれません。

しかし成功例が次々と出てきている点から見ても、CGMはますますニーズが高まり、重要

となるのではないでしょうか。

(S)

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら