PHPとは

a0800_001326

こんにちはディレクターのSです。

今回はPHPについて説明したいと思います。

PHP とはソフトウェア開発で使用されるプログラミング言語のひとつです。

主にWebサイト制作やWebアプリ制作に利用され、主流となっている言語です。

様々なプログラム開発ツールがありますが、その中でもPHPの人気を下支えしているのは、Word press等のCMSがPHPを使っている事が理由です。

先日の記事で説明させて頂いた通りWord press はJavaやC言語と違い、基本的なことさえ知っていれば比較的容易にカスタマイズする事が出来るからです。

すべてのWEBアプリはPHPによって制作することが出来ます。

HTMLとPHPとの違いはなんでしょうか。

HTMLは利用者の要求に対して、情報を一方的に表示するのみです。

一方PHPは情報を受け取ったサーバーが、そこにデータとして蓄えたり、並び替えや検索をしたりして、利用者に情報を提供してくれます。

つまり、コードがサーバーで実行され、その結果がクライアントに送信されます。

以上の特徴を踏まえて、わかりやすい言葉で説明するとHTMLは静的な言語で、PHPは動的な言語と言えるでしょう。

このように、PHPはアクティブに動いてくれて、しかも操作が簡単な言語ですべての有名なOSで動作します。

イメージやPDFファイルやフラッシュムービーもその場で自動的に生成する機能を備えています。

PHPで出来ることを具体的に列挙します。

・お問合せフォームの作成

・予約システムの作成

・検索機能の作成

・ログイン機能

・簡単に作れるブログ

・ECサイト

・SNS

・グループウェア(企業で使う色々な機能が付いたスケジュール管理システム)の作成

・社内管理システム全般

・ファイル操作

etc

PHPは言語としては易しめなので、初心者向きです。これからWEB開発されようという皆様は入門として、ぜひトライしてみてください。

(S)

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら