トップページを重視する理由について

img_0492_r

平野です。本日もクライアント企業への仕事を続けています。

弊社ではホームページはトップページが大事と考えています。

なぜならホームページ閲覧者はクライアント様のホームページの事を気にかけていないからです

え?と思われる方もいるかもしれません。

実は本当に、ユーザーは見ず知らずの会社のページを、それほど見ていません

どれほど凄いWEBデザインが施されている大規模メディアも、同じです。

何度も来訪してじっくり読み込むか、説明を受けないと”分からない”というのが実情です。

だからこそ、トップページの情報を厳選し、単純にしたほうが良いと考えます。

特にファーストビュー、特に左上にある情報が、大事になります。

ユーザーさんはホームページを左上から見るからです

この部分に分かりやすい情報を置くと効果的です。

弊社の場合は、「WEBサイト運用会社」と記述しています。

その下のロゴも重要な構成要素です。

ロゴの後は、グローバルナビ→トップページの写真→左サイドバー(1カラムなら写真直下のコンテンツ)の順番に見ます。

一度に多くの情報は整理出来ないので、もう一度見に来たお客様にだけその下のコンテンツと、他のページのコンテンツが徐々に浸透していきます

ファーストビューに、お客様のニーズに答える情報を記載していくのが重要なポイントとなります。

そして、躍動感を表現する事も大切です。

すごくデザインが綺麗なホームページでも、ファーストビューに動きのないページがあります。

ファーストビューは勢いよく動かして、サービス精神をアピールしていくと良いと思います。

デザイン・UI・検索技術・運用性と全て揃った凄いホームページは数多くありますが、最小限の力点で最大の効果を生む制作を心掛けていきたいと思います。

ホームページは最初に作り込み過ぎると、重い鎧のように、想定外に足枷となってしまう事も有るからです。

事業の展開に合わせて、スモールスタートをお勧めしています。

納品より運用を重視していますので、納品後にも細かな改善をし続ける事が出来ます。

運用は経営者の考えに寄り添い、お客様のホームページの細かな部分を常に変更しています

経営者の方はポジティブな朝令暮改と、常に先々を見据えていると思います。

プログラマーも素早く対応出来なければ、経営者の方々に納得いただける仕事になりません。

即時反映・常に改善、をモットーに、運用というジャンルに取組み続けます。

明日も、頑張ります。
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら