SEO対策に役立つ3つのツールとWEBコンテンツマーケティングのポイント

a0002_010859

皆様こんにちは。ディレクターのSです。

SEOやSEO対策という言葉をよく聞くようになりました。

今はグーグルのクローラーロボットもかなり進化しています。

SEOだけではなく、コンテンツの質が問われています。

ですので、弊社ではコンテンツマーケティングとSEOの組み合わせが重要という事を、発信しています。
 
 

SEOとは

このSEOとはSearch Engine Optimizationの略でそれぞれの頭文字をとってSEOと呼ばれます。

日本語では検索エンジン最適化といいます。

検索エンジン上位表示といったほうがわかりやすいですね。

SEO対策すなわち検索順位上げです。弊社が売りにしているは、塩漬けになったホームページにコンテンツマーケティングとSEOを導入し、集客を改善・利益改善していく手法です。

単にSEOというと、テクニックに走りがちですが、突き詰めていくと、コンテンツがいかに良いか・本当の事が書いてあるか?という事が重要なポイントとなります。

 
 

SEO対策を実施するためには

 

SEO対策を実施する際に重要な視点としてコンテンツとリンクの充実を、まずは目指していきます。

そして、SEO対策を始める前には導入すべき3つの無料SEO対策ツールが必要となります。

以下に上げる3つのツールは、中小企業のWEBマーケティングにおいてはほぼ十分なツールと言えます。

自分の作ったサイトの状況を正確に把握するためのツールです。
 
 

1.Googleアナリティクス

Googleアナリティクスはサイトのセッション、ユーザ、ページビュー、平均セッション時間などアクセス状況を把握するためのSEO対策ツールです。
77
Googleアナリティクス
 

2.Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールはサイトのリンク、インデックス、HTML改善等に役立つSEO対策ツールです。主にエラーチェックやクローラビリティの改善などに使います。
999
Googleサーチコンソール
 

3.GRCなどの順位計測ツール

これにより検索順位を管理できます。GRCは無料版は誰でもダウンロードすることができます。
00000000
GRCなどの順位計測ツール

上記ツールを使ってまず順位やユーザー数など自分のサイトの状況を把握します。

そして検索上位を獲得するためにコンテンツを充実させるのです。

検索上位を獲得するためには、何よりも、ユーザーにとって最高のコンテンツが必要となります。

そこを置き去りにすると、検索上位対策は失敗します。

逆に、ユーザーが200%満足してくれるコンテンツを作る事が出来れば、コンテンツマーケティングは確実に成功します。
 
 

SEO対策をするために考えること

以下にSEO対策を実施する際に考えることをご紹介します。

まず第一に「検索ユーザーが満足する良質なコンテンツ(コンテンツマーケティング)」を実施することです。

コンテンツマーケティングを実施するには 以下の4つを考えます。

検索ユーザーが満足する良質なコンテンツとは何か?

コンテンツを検索ユーザーが求める形までブラッシュアップ・突き詰めて、提供すること

コンテンツを検索エンジンに適切に評価して貰える形で提供すること

コンテンツを多くの人に見てもらい、ナチュラルリンクを貼ってもらうこと

この4つの考えを実現する上で有効な方法がキーワードをリサーチして閲覧者の需要を知ることです。

まずGoogleキーワードプランナーを使ってサイトやブログで扱っているトピックと関連性のあるキーワードを手当たり次第抽出します。

検索ボリューム1000~10000くらいのパイがあるとねらい目です。

そして、それ以下のニッチなゾーンを狙う方法も有効な場合があります。

そしてそのキーワードに関連性のある記事をGoogleブログ検索 はてなブックマーク Twitterサーチなどで検索します。

そして記事のタイトル、URL、いいね!数、ツイート数 はてなブックマーク数を記録します。

そうすることによってそれぞれのキーワードでどんなコンテンツが求められているかが分かるようになります。

知識が足りなければその分野に関して深く勉強することが求められます。
 
 

いよいよコンテンツの制作へ

アイデアを得たらコンテンツの執筆・作成に移ります。

ここでのポイントは箇条書きで記事にする。

画像を入れて読みやすくするといった工夫をして記事を読みやすくするということです。

また多くの読者に読んでもらうコンテンツを作るには専門用語を乱立させないということが重要になってきます。

URLの設定は、CMSでありがちな動的な意味のない数字/記号の羅列より、一つ一つの記事にシンプルで分かりやすい短いURLを設定することにメリットがあります。

そうしてできた記事を公開したあと、SNSを使って拡散していきます。

こうしていくことで「バズる(Buzzる)」すなわち口コミの力で一気に拡散されるコンテンツを作ることができるのです。

このステップを踏むとSEO対策をしっかりできる順位上げも進むようになるでしょう。
 
 

SEO対策を成功させる条件

このような条件で作成した充実のコンテンツに下記のような内部対策を施してください。

現在のコンテンツマーケティングは、コンテンツ制作だけでも足りませんし、SEOを頑張るだけでも足りません。

①titleタグをページタイトルとそろえる
②titleタグの中に、社名や商品名を入れる
③descriptionをすべてのページでユニーク化する
④hタグが数字の順番に入るように最適化する(特にh1)
⑤画像のalt入力
⑥meta keywordは重視しない
⑦サイト構造を深くしすぎない
⑧きれいな”ツリー構造”のサイト構造
⑨サイトマップを作り、Googleクローラーを回りやすく
⑩公開後にxmlサイトマップを送信してインデックス促進
⑪スマートフォン対策をして、検索評価を上げる
⑫サーチコンソールでエラーを消す
⑬検索ユーザーのニーズに答えていないページをnoindexにする
⑭ルートURLの正規化を行う
⑮コードを整理して表示速度を早くする
⑯運用を導入し更新頻度を上げる
⑰納品後も分析し、改善を続ける
⑱システムや関数で楽をする部分を減らし、検索ユーザーに本当に役に立つページをお客様と一緒に作る

最高のコンテンツづくりと、緻密なSEO対策は車の両輪のようにセットでなければ機能しないのです。

以上の施策を、じっくり行う事で検索上位は確実に実現できます。

まとめ

まとめるとコンテンツを充実させることはSEO対策の中で最も重要な事項であるということです。

弊社が理想としているのはお客様に良質なコンテンツを提供し、バズっているところまで行くような良質なWEB運用を提供することです。

もし読者の皆様でWEB運用が上手くいってないと思う企業様がおられましたら是非弊社にご一報ください。必ずお役に立てると思います。(S)

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら