稲敷郡阿見町の工務店さんと、年明けの構造見学会のWEB発信について打ち合わせ

昨日は、コンサルティング先の稲敷郡阿見町の工務店さんと、
年明けの構造見学会のWEB発信について打ち合わせをしてきました。

モデルハウスを兼ねる住宅のため、構造・完成という2回のプロモーションの機会を最大限活用します。

■茨城県南エリアの注文住宅はリスティング広告の競合性が高い→単価が高いので、リスティング広告費は増やさないほうがよい。
■注文住宅の問い合わせは「デザイン」が重要(イメージ重視でOK)
■テキストマイニングの手法(主にSEO)は、ドメイン年齢が若い場合反映まで時間が、、
■SNS広告(FBとインスタグラム)が、茨城県南エリアでまだ先行者利益を取れる
■ユーザーの可処分時間を取っているデバイスは当然スマホだが、アプリはインスタグラムの利用率が上がっている
■SNSを主軸にして、メルマガとDMを組み合わせて訴求力を上げる

という事で、「SNSを中心にビジュアルコミュニケーションによる集客」が、茨城県南の注文住宅・年明けのプロモーションとしては吉という事をお伝えしました。

構造見学会の問い合わせは、濃いお客様が多い。
頑張りたいところです。

また見学会の予約はほぼ大半が、イベント3日前に入ります。
ので、10日を切るあたりから毎日発信が吉です。

クリエイティブは住宅FCの持っているリソースを最大限活用します。

初めての見学会実施のため、
1件でも問合せが取れると良いところなのですが
勢いをつけるために出来れば2~3件(^^♪
と思っています。

(平野)

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら