読書、、「もういちど読む山川日本史 」

本日もプログラミングをしながら、非同期通信の待ち時間に1冊読了しました。

もういちど読む山川日本史は、日本史の教科書のような感じで、日本史を網羅的に見る事が出来ます。

ただ、世界の中の日本という視点で日本を捉えたほうが良いと思っているので、

日本史の動きと同時に世界がどのように動いていたのかを把握したほうが良いかもしれません。

本書は特定のバイアスがかかった日本史ではないので、ニュートラルに知識をおさらいしたい場合にお勧めです。

歴史は繰り返される、、というか、過去起こっていた事が繰り返し何度も起こっている感じですね。

現代の安全・安心の日本が、とても平和である事を実感できました。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら