動画で知るWEB運用のコンセプト


 
 

WEBサイトの維持費が抑えられる

WEB運用のメリット1 価格
 
WEBページの新規追加費用はA4×1ページ分で20,000円前後が相場です。

 

一方弊社のWEB運用は、何ページ追加しても30,000円/月から利用が可能です。

 
プログラマがWEBをリアルタイムで開発し、成長を加速させます。
 

 

事業の成長を随時具現化する

WEB運用のメリット2 スピード
 
アプリのアップデートは何故あれほど、多いのでしょうか

 
それは納品時に100%完成しているアプリが存在しないからと考えます。

 
WEBもこの部分は同様です。
 
納品後の運用を顧問契約とする事で、事業の成長に合わせて常時WEB構築します。
 
WEBは公開後に改善出来てこそ、価値が向上してゆきます

 

 

優れたコンテンツを制作する


 
コンテンツ・イズ・キング”という言葉があります。

 
グーグルが提唱している、有益なコンテンツ(情報)を作る、という考え方です。

2
ミライスタイルのWEB運用は、プログラミング技術を持つスタッフがクライアントの考えをWEBに表現します
 
単純作業が人工知能(AI)を持つロボットに代替される時代が訪れるといわれています。
 
裏を返すと、Face to Faceで提供する仕事の価値は向上する側面があります
 
経営に寄り添い、AI時代に残り続けるサービスを提供したいと考えます。
 
 

本当に効果の出る検索対策を届ける

WEB運用には以下のような検索対策の施策が含まれます。
 
これについては現在、小手先の技術はなく近道はありません

①titleタグをページタイトルとそろえる
②titleタグの中に、社名や商品名を入れる
③descriptionをすべてのページでユニーク化する
④hタグが数字の順番に入るように最適化する(特にh1)
⑤画像のalt入力
⑥meta keywordは重視しない
⑦サイト構造を深くしすぎない
⑧きれいな”ツリー構造”のサイト構造
⑨サイトマップを作り、Googleクローラーを回りやすく
⑩公開後にxmlサイトマップを送信してインデックス促進
⑪スマートフォン対策をして、検索評価を上げる
⑫サーチコンソールでエラーを消す
⑬検索ユーザーのニーズに答えていないページをnoindexにする
⑭ルートURLの正規化を行う
⑮コードを整理して表示速度を早くする
⑯WEB運用を導入し更新頻度を上げる
⑰納品後も分析し、改善を続ける
⑱システムや関数で楽をする部分を減らし、検索ユーザーに本当に役に立つページをお客様と一緒に作る

検索対策の技術は数多くありますが、さまざまなドメイン上で何万ページもページを作って積み重ねた弊社オリジナルの技術をマニュアルとしてまとめています(上記以外の技術も数多くあります)。

普通のWEB制作フローで到達出来ない水準の施策を実施する事で、目に見える効果が得られます。
 

PDCAを素早く回す


 
シリコンバレーで生まれた、リーンスタートアップの概念図です。
 
PDCAにはイノベーションを生まないという否定的な見方もありますが、”誰に何を売るか”が明確になっている(事業が羽化している)場合、直ぐにやるべき事があると考えます。
 
最小単位の価値に集中し、PDCAを素早く回してWEBコンテンツを改善します
 
 

コンテンツの多面展開


 
WEBのコンテンツ制作にはコストがかかっています

 
問題はコストをかけたコンテンツが可変性(運用性)を有しており、様々な媒体に展開できるかどうかという点です。
 
多面展開を意図したコンテンツ制作を心掛けています。
 

社内の体制づくりのコンサルティング

 
 

 
WEB運用には、”権限移譲”と”スモールチーム”による運営が大変重要です。
 
マネージングは人対人の事で、とても難しいです。
 
悩みを持たれている経営者や社員の方も多いのではないでしょうか。
 
理想的なWEB運用の体制づくりについて、社長様の考えをお聞かせ頂ければ幸いです。

 

利益に繋げる

 
WEB制作会社は、デザイナの集まりの会社が数多くあります。

 
一方、弊社は”プログラミング技術を持つコンサルティング会社”です。

 
クライアント企業の利益に貢献する事を目標としています。
 

WEB運用の価格

 
ミライスタイルではご要望に合わせて3段階のWEB運用メニューをご用意しています。
 
WEBサイト運用メニューの効果

 
WEBサイト運用メニュー
 
WEBサイト運用メニュー

 

 WEB運用の実績