(株)ハウジング重兵衞

(株)ハウジング重兵衞様は千葉県・茨城県でリフォーム・注文住宅事業をされている会社です。創業120周年を迎え、4ブランドを通じてあらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、お客様の幸せを礎に200年企業を目指されています。

WEBでの集客・マーケティング活動で注力しているポイントは?

・SEO/MEO対策の強化
・リスティング広告の運用改善
・SNS運用の土台作り
そして、上記3点を踏まえた、ブランディングの強化です。
まずは、地元千葉/茨城で、No.1のリフォーム会社を目指します。

(株)ミライスタイルのWEB運用を取り入れて、良かった点はどのようなところでしょうか?

自社のリソースでは対応しきれない業務を、力強く支援/サポートしてくれることです。その結果、お客様からの問い合わせも徐々に増えてきています。試行錯誤が続きますが、苦楽を共にしながら、両社で各種プロジェクトを推し進めることができ、本当に感謝しています。

コンサルティングは印象はどんな感じでしょうか?

日々WEB集客/WEBマーケティングに取り組む中で、悪戦苦闘すること、思うような結果が伴わないことも多々あります。そんなとき、一緒に議論を重ね、より良い解決策を打ち出し、迅速且つ丁寧に実践/検証/フィードバックしていく姿勢や取り組みが、本当に素晴らしいと実感しています。

これから、どのようにWEBを改善してゆかれたいでしょうか?

お客様に対して正直であること。誠実であること。
ホームページに来てくださったお客様のお悩みをしっかりと解決すること。
ハウジング重兵衛のリフォームを通して、お客様に笑顔になってもらうこと。

現在4つのブランド(ハウジング重兵衛/塗装屋ぬりべえ/ファンズライフホーム/りのべえ)と採用を合わせ、計5つのホームページを運営していますが、上記を軸に改善を重ね、より良い運営を目指していきます。そのためにも、ミライスタイルさんと共に、一歩一歩前に進んでいければと考えていますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ハウジング重兵衞様とは月一度の定例会議にて先月のアクセス数などの数値報告やリスティング広告の運用報告をさせていただいております。また、4ブランド+採用サイトの各プロジェクト毎に適宜ZOOM会議を行っており、スピード感をもって改善に取り組んでおります。各タスクはスプレッドシートにて共有し、進捗状況を常に把握できるようにしています。今後は4ブランドともアクセス数を2倍、3倍にしていくためにデザイン(UI・UX)と運用性(可変性)を兼ね備えた方法で、ブランディングに寄与できるようにしていきます。

ハウジング重兵衞

サイトは「ハウジング重兵衞」「塗装屋ぬりべえ」「ファンズライフホーム」「りのべえ」「重兵衞採用サイト」を運用しています。WEBでの問合せ数をKPIとして管理し、セッション⇒問合せまでの受注フローを改善しています。コンテンツSEO対策とWEB広告を上手く連動させています。また、イベント時にはブログでの告知やインスタグラム、フェイスブック広告、LINE投稿を利用したSNS集客、WEB広告を実施。YouTube動画を利用したお客様の声や会社説明などもうまくWEBに取り入れており、時代に促した見せ方を工夫して取り組んでおります。各ブランドそれぞれコンテンツSEOとWEB広告にてWEB集客を強化し、紙媒体のチラシやショールームの多店舗展開にて、強力なクロスメディアで集客を伸ばしています。

チームはWEBデザイナ・プログラマ・ディレクタ・コンテンツ加工スタッフで構成し、チャットワークやSlackのITツールで連絡をとり、スプレッドシートでタスクを管理しております。月一回の定例ミーティングではディレクターが現地にお伺いし、プログラマがZOOMにて同席しお客様のダイレクトな声を反映した運用を行っています。

当社代表 平野からのコメント

WEB活用セミナーの様子

(株)ハウジング重兵衛様は千葉県・茨城県のリフォーム業界で売上高のTOPを競っている会社です。以前からお名前を知っていた事もあり、WEB戦略リーダーの方が当社のセミナーにお越し頂いた時には直ぐにピンときました。

「あのWEBに強そうな会社でも、様々な部分でお困りなんだな」と思いながら、4つある集客サイトを分析して診断書を作成する所から始まりました。

具体的には

タスク管理が上手く進められていない
広告運用の費用対効果の検証に課題が有る
自然検索からの流入を大きく伸ばす仕組みに乏しい
・デザイナ、エンジニア、ライターといった人的リソースで頼れる外部パートナーが少ない

といった課題を持たれており、これらについてソリューションを持っている当社のサービスは今後の重兵衛様に最適だと思い、お手伝いさせて頂く事になりました。

成田のショールームへ

千葉・茨城に多店舗展開を行っています

成田にある本社・ショールームへ数回足を運ぶ中で、工務店・リフォーム業界では相対的に見てかなり優位というか、今まで当方がサポートしてきた約200社のクライアント様の中でも集客・プロモーションから提案・受注・施工・アフターメンテナンスまでの体制が整っている状況が有りました。

そんな社内の体制を作りながらもWEBの運用に課題が有るという事は、世の中のほとんどのビルダー様で同じようなお悩みが有るのでは、と改めて感じました。

①コンテンツSEO対策
②インターネット広告運用

という当社の得意分野について、ご予算に対しての

コミット数値(アクセス数及び問合せ数)
当社スタッフの職種と人工の組合せ

をご提示し「結果をお約束する」という命懸け(いっつも、、笑)のプロジェクトがスタートました。

コロナ渦前後でWEBアクセス数が3倍以上、問合せが2倍以上に

ハウジング重兵衛様の強みは、スタッフ様のチームの動きと「決裁の流れ」がWEB運用には理想的な体制になっていました。

権限委任とスモールチーム

という言葉が適切かと思うのですが、社長とスタッフ様との距離感が近く、スピード感の有る組織を構築されている事が伝わってきました。逆にWEBに大きな予算をかけても結果が出せないケースで良くあるのが「決裁フロー」が長くてアクションまでが遅かったりする場合。スイッチの入った現場が都度ストップせざるを得ない事が有ります。

このようなスピード感の有る組織づくりは、歴史の有る建設業や社員の多い会社では大変難しい事で、重兵衛さんはその点で凄いと思いました。

更にWEB戦略リーダーの方をはじめとした皆様の動きの面も理想的な状況が有りました。ある意味「泥臭さ」というか、イメージとしてはカッコよく華麗に結果を出すというよりは、地道に各部を積み重ねしていって「押し出し」のような感じで問合せを取ってゆくWEBの運用業務に、皆様の働き方とスタンスが合っている印象がありました。

このようなスタッフ様の頑張りによるところで、コロナ渦以前~現在までの約1年間の対策前後で4サイト合計のWEBのアクセス数が3倍以上・問合せが2倍以上に増える状況となりました。コロナ渦でも順調に業績を伸ばされています。この成果については、社内のスピード感とスタッフ様の日々の努力がとても大きいと思います。

現在は4サイトで数万~数十万アクセス/月のサイト群になってきており、茨城・千葉の2県で随一のWEBサイト群に必ず育て上げたいと思って積み重ねをしております。

今後の課題:ブランドごとの区分け

経営戦略の方々とのMTG風景

今後の課題としては、4ブランドの中で大きく伸びている2サイトと、それに比べると未だ苦戦気味の2サイトの2つに分かれている点です。

地域×カテゴリーとの組み合わせから来る検索需要の大きさとキーワード選定

・ユニークな売りの部分の発掘

の2点にまだやり残した課題が有ると考え、この2つを改善する事でこの先大きく伸ばしたいと思います。

伸びている2サイトについては、コンテンツSEO対策が指数関数的に伸びる局面に入りました。コンテンツSEO対策は初めは一次曲線(直線)的に伸び、いずれ変曲点を迎え指数関数的に伸びる局面に入ります。検索ボリュームの比較的大きなミドルキーワード(そのビルダーにとって大きすぎず小さすぎず、競合性に無理がなく、強みを生かせる)で検索結果の上位を寡占している1社に入るイメージとなるので、数多くの複数検索語・ロングテールのキーワードで上位表示します。

このようになったWEBサイトでは、2年先くらいまでのまだまだ客も大勢含まれるようにサイトの客層が変化してきます。「向こう数年間の種まきをしている状況」で徐々にリピーターが増えますので、アクセス数に対するコンバージョン(CVR)率(:問合せ率)については殆どのサイトで、時間とともに改善してゆきます。

このような指数関数的な伸びとCVR率が改善してゆく時期に入ったWEBサイトについては、「この費用でこの効果!?」という紙媒体等と比較した費用対を大きく感じて頂ける状況となります。WEB上で人を集める技術を、クライアント企業様のみにお伝えしている企業秘密とさせて頂いております。

一方で、未だ苦戦気味の2サイトは時(変曲点)が来ていませんので、変曲点の訪れを早める為に各ブランドごとにユニーク性の高い切り口を発掘してゆきたいと思います。

社内の経営陣の方へのご説明について

WEBの運用やコンテンツマーケティングは「日々頑張っています」という言葉は正しいのですが、それでは経営陣の方や、WEBについてこれまで遠かった方に成果をご説明出来ません。

そこで「今月はこれを実施する」という明確な計画を立てて、PDCAをしっかりと説明するところまでを全ブランドについてやり切ってゆきたいと思います。紙媒体等と比較した場合の問合せ単価(CPA)の改善もお約束してゆきます。

一志団結

(株)ハウジング重兵衛様の企業理念は「一志団結」です。

当社は社外のパートナーですが、クライアントの社員の立ち位置にて、この言葉を当社メンバーが共有しています。

コンテンツマーケティングは、どこにでもあるコンテンツ制作で効果が出るものではなく
社内の一次情報」をどのように盛り込むかという「内側からの発信」が重要となるため

・「社長だったらどう発信するか」
・「社内の○○さんだったらどう見せたいか」

といった社内の一員としてのコンテンツ制作を行ってゆきます。

採用情報のサイト


集客サイトを4つ運用させて頂く中で、人材採用のリーダーの方とお話しさせて頂き、採用情報のサイトも先日リニューアルオープンしました。ここにはKENSHIという職方のグループ会社のサイトも連携しており、会社の戦力になる・社風に合った方が大勢来てくれるように、1PXレベルの細部のデザイン(整列・近接・反復・コントラスト等)や細かなUXまで突き詰めて制作し、公開後も改善に終わりはなくコンテンツを作りこんでおります。

スタッフ様や社長との交流


現在は月に1度・成田に半日、私を含めた当社のスタッフ3名でお伺いして進捗報告の会議を行っています。

ここでは、広報や人材といった経営戦略のスタッフ様と成田ショールームの向い側にあるスシローとか、スシローにお昼ご飯に行ったりする中でも親睦を深めさせて頂いています。

またハウジング重兵衛の菅谷社長は自分と歳が近く、家業が建設業でその後継ぎ・私の母方の実家の会社(:長瀬組)のように100年以上の歴史で新たなIT化の時代を迎えている事、社長になられた経緯や会社規模は違いますが、お忙しい時間を縫って飲みに連れていって頂いたりするようになりました。

今後も結果をお届けしてゆくとともに、このようなご縁に心より感謝したいと思います。

「建築業界のWEB運用」お問合わせはお気軽にどうぞ

(株)ミライスタイルでは2020年以降の建築需要冷え込みを見据えて、建築業界に特化した「WEB運用」を建築家さん・工務店さんに導入しています。

TEL:029-734-1307かお問合せフォームからお気軽にご相談ください。(営業時間:9:00~18:00)
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら