WEBコンテンツマーケティングにおける”良い記事”の作り方のコツ

つくばみらいの道

コンテンツマーケティングで濃い記事を作り、集客するという手法が流行っています。
 
インバウンドマーケティングと呼ばれる事もあります。
 
最近では、コンテンツマーケティングを主体サービスとして行う企業が出てきています。

株式会社イノーバ

コンテンツマーケティング上の”良い記事”とはどんな記事なのでしょうか。

 
一昔前までのセオリーは文字数が重要と言われていました。
 
大事なのは文字数でしょうか、それとも内容でしょうか。
 
現在のネット上では必ずしも文字数の多い記事が集客が出来るとは限らない、というのがデータを日々見ている私たちの考える事です。

 

webサイトにアクセスを集められる記事が運用上お客様の利益につながる事が多いです。

 

webサイトへのアクセスの集め方については、SNSでの拡散を目指すより
検索上位を取りに行くほうが早いと考えています。
(SNSに親和性の高いコンテンツと、そうでないものがあるからです)
 
つまり検索者のニーズにこたえる事が重要です。

そうすると”濃い記事”≒”説明力”になると考えております。

 

具体的に弊社の自社メディアでコンテンツマーケティングに成功している記事をご紹介します。

 

ネコリグ(YAHOO・GOOGLEで3位)

 

このヒット記事の中には、写真を単に置いただけではなく写真の中にテキストを入れています
そして趣味的な内容の為、自動的に文章に熱が入ってしまいました(^^;)

 

結果として検索上位を獲得しております。

 

現在のGOOGLE BOTはこのあたりの細かな部分も判別して、検索順位を判断していると推測できます。

 

アクセスを集める記事を作るコツは文字量だけではなく、コンテンツの持つ”説明力”が重要と考えています。
 
一方でミライスタイルは、どの制作会社よりも検索上位対策のセオリーを重視しています。

 

経営者の方々にお伝えしたいのは、肩の力は抜いて取り組んで頂きたいという事です。
 

ネットはすぐに変化しますので。
 
ミライスタイルはこれからも、ネットのスピードについていく運用を心がけていきます。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら