建築関係の広告を作る方法|初めてでも簡単にできる広告作成法

「広告の効果を高めたい…」「広告を作る時のコツってなんだろう…」と感じてはいませんか?

コストをかけて広告を出しても、出費の方が大きかったら意味がありません。とはいえ、広告の効果を高めるにはどんなことから始めればいいのかがわかりませんよね。

今回の記事では、建築関係の広告において効果を高めるために抑えるコツについてご紹介します。

これから広告を作る方やすでに出した広告の改善ポイントを探している方の参考になれば幸いです。

建築における広告の必要性

そもそも広告は、自社の

  • 知名度を上げる
  • イメージアップ
  • 売上を伸ばす

ために活用します。それぞれ詳しく説明します。

知名度を上げる

広告を打つことで、自社の知名度を上げやすくすることができます。

たとえば、自社サービスがある場合。自社のサービスの特徴や利用するメリットを載せることでお客さまの興味を引くことが可能です。

広告により自社のサービスを紹介することで、知名度を高めやすくすることができます。

イメージアップ

広告は、企業のイメージアップに利用することが可能です。

割引クーポンを付けたり読者にストレスがかからないものを配信することで、企業に対するイメージをアップさせることができます。

広告によってイメージアップが成功すると、自社に興味を持ちサービスを利用する意欲を高めやすくします。ゆえに、利益を上げやすくすることが可能です。

売上を伸ばす

広告の運用がうまくいくと、売上を伸ばすことができます。

狙ったターゲットに広告を訴求することで、自社サービスを使ってもらいやすくすることが可能です。その結果、売上を伸ばしやすくします。

たとえば、これから家を建てようと考えているお客さまに広告を訴求する場合。自社が決めた期間中にサービスを利用することで15%割引するなどの訴求をします。

よって、新しいお客さまからの問い合わせをもらいやすくすることが可能です。

広告により新しいお客さまからの問い合わせを増やすことで、売上アップしやすい環境を作ることが可能です。

簡単にできる広告デザインのポイント

広告デザインのポイントのポイントは、

  • 見やすさとわかりやすさを意識する
  • 広告におけるレイアウトの基本を理解する
  • 配色や色の持つ力を把握する

です。それぞれ詳しく説明します。

見やすさとわかりやすさを意識する

広告は、お客さまの見やすさが重要です。

たとえば、写真を大きく配置する場合。上部は写真をメインにして下部にシンプルな文字列をまとめることで、情報が読み取りやすく全体的にすっきりとした広告にすることが可能です。

広告は、お客さまが見やすくてわかりやすいデザインにすることで、効果を高めやすくします。その結果、売上アップにつなげやすくすることが可能です。

広告におけるレイアウトの基本を理解する

広告を作る前にレイアウトの基本を抑えておきましょう。レイアウトの基本を抑えるだけで、広告で訴求したい内容をつたえやすくなります。

レイアウトの基本となるのは、

  • 揃える:文章や図の端を揃えることで、多くの情報が載っていても違和感がなくなる
  • まとめる:グループ化して全体の構成をわかりやすくして、直感的に情報が伝わる
  • 分ける:重要度に応じてコントラストを加える

の3つです。

広告のレイアウトを理解することで、お客さまに正しく訴求して効果を高めやすくすることができます。

配色や色の持つ力を把握する

配色や色の持つ力を把握することで、広告を見やすくすることが可能です。

たとえば、

  • 爽やかな緑をバックに、ピンクの文字を入れることで鮮やかに字を浮かばせて認識しやすくする
  • 同系色を使うことでまとまりができて統一感を出し、鮮やかな色合いを加えることで全体を引き締めて華やかにする
  • 伝える部分に強調色を入れてアピールすることで、読み手に伝わりやすくする

といった工夫をすることで、広告の効果を高めやすくすることができます。

配色や色の効果を知ることで、広告を効果的に訴求して売上アップにつなげやすくすることが可能です。

広告につかうキャッチコピーの考え方

広告に使うキャッチコピーを考える手順は、

  • ターゲットをはっきりさせる
  • お客さまの悩みをはっきりさせる
  • 商品やサービスの特徴をはっきりさせる
  • お客さまの不安を解決するポイントを考える
  • お客さまの悩みを解決するポイントを言葉にする

です。それぞれ詳しく紹介します。

ターゲットをはっきりさせる

自社の商品を売るターゲットをはっきりさせましょう。相手がどんな属性なのかをはっきりさせることで、伝えたい情報を絞り出すことができます。

広告を訴求する相手を明確にすることで、効果を高めやすくすることが可能です。

お客さまの悩みをはっきりさせる

広告を訴求するターゲットが抱える悩みを書き出します。商品やサービスを利用することでお客さまがどんな悩みを解決できるのか判断しやすくします。

お客さまが抱える悩みを洗い出すことで、商品を利用して得られるベネフィットを訴求してサービスを利用しやすい環境を作ることが可能です。

商品やサービスの特徴をはっきりさせる

自社の商品やサービスの特徴をはっきりさせましょう。はっきりさせることで、訴求する内容を決めやすくすることができます。

たとえば、

  • 自慢できるポイント
  • 他社とは違うポイント、
  • 独自のセールスポイント
  • 利用することで得られるメリット

などを書き出します。その結果、お客さまが不安に感じている部分をカバーするキャッチコピーを作りやすくすることが可能です。

お客さまの不安を解決するポイントを考える

お客さまの不安なポイントを考えることで、訴求する内容を決めやすくすることができます。

たとえば、お客さまが予算について考えていた場合。期間限定でセールをする内容について訴求することで、お客さまのお問い合わせをもら安くすることが可能です。結果、売上アップにつなげやすくします。

お客さまの不安を見つけることで、解決案に近い広告を出すことができます。

お客さまの悩みを解決するポイントを言葉にする

お客さま悩んでいることに対して解決できるポイントを見つけましょう。見つけたポイントを言葉にすることで、文章で解決する手段を訴求することが可能です。

すべてのお客さまに向けたキャッチコピーにすると、誰にも響かないものになる可能性があります。不安を解決するポイントから言葉を組み合わせることで、お客さまの心に響くキャッチコピーをつくりやすくします。

建築関係の広告はキャッチコピーから!まずはお客さまの不安を考える

今回の記事では、建築関係における広告のキャッチコピーについて紹介しました。

広告を出す場合、お客さまの反応がいいものを作る必要があります。そのためには、お客さまの不安点を解決する内容を見つけなければなりません。

まずは、お客さまが不安に感じるポイントを洗い出すことから始めるのをおすすめします。

WEB活用セミナーを各地で開催しています

建築業界専門のWEB運用会社 (株)ミライスタイルでは、定期的に東京・名古屋・つくばで経営者向けのWEB活用セミナーを開催しています。

会場で代表者により
①スマホ・コンテンツマーケティングとは
②50,000アクセス/月の建築設計・工事受注システムの作り方
③検索上位対策の具体的手法
④SNSの集客活用方法
⑤WEB広告の種類・方法
等、建築業の受注活動に役立つ各種の技術をご紹介しています。

参加者ごとに5段階評価のWEB診断書をお渡しし、具体的な改善案もお伝えしています。
明日からの建築業界の受注活動にご興味のある方は、是非お気軽にセミナーにご参加ください。

建築業界向けWEB活用セミナー 東京会場 次回のご案内

建築業界向けWEB活用セミナー 名古屋会場 次回のご案内

建築業界向けWEB活用セミナー つくば会場 次回のご案内

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら