最近の仕事に向かう習慣

自分の毎日は5時に目覚ましなく目が覚めるところから始まります。

何年も続いているのですが、30代から猛烈に働いてきたような気がします。

本当に、好きでやっていました。週の労働時間は100時間が平均だったと思います。物理的に時間をこなす事で質が上がっていく、結果が出る、走り続けていると悩みも自然と消えていきます。

勤めていた会社が品川にあったので、最寄りのTXみらい平からdoor to doorで1時間45分かかりますが、社内で一番早く出社して席に着いていました。移動中の電車で座れたらPCを広げて手を動かしていました。満員電車や細切れ時間はキンドルとスマホで読書をしていました。時間を費やす事しか出来なかったですが、目の前の壁が打ち破れるのかを楽しみながら手を動かしていました。とても充実した毎日でした。(皆さんは絶対に過労は真似しないでください)

さて最近の状況ですが、会社を興してから予定表が必ず埋まっていて、その予定の事を考えると自然と目が覚めてしまいます。これ、戦国時代の武将のような感覚なんでしょうか。寝首をいつかかれるか、いつ攻め落とされるか、的な(笑)。。

朝5時~始業の9時までの使い方ですが、まず起きてすぐにスラック・チャットワーク・ライン・GMAILを確認し溜まったタスクをメモ帳に列記します。

そのタスクを一気に終わらせていく間に妻が起きてきてコーヒーを1杯入れてくれます。そのコーヒーをすすった後で身支度をして7時~8時頃に事務所に移動し、始業の9時までの間でその日の打ち合わせの準備・話の流れを整理し、タスクは全て終わらせて完全フリーの状態で業務に備えます。

小さいながらも自分が会社を出来ているのは、この朝の余白の時間がとても大きい気がします。朝の時間帯で経営に繋がる情報を蓄積してきました。

そして日中はタスクをつぶしながら打合せ、その合間に時間が空いたらスマホのキンドルを空けて気になるページのキャプチャをスラックの自分のスレッドに流します。後で纏めて見る事・アウトプットする事で自分の力に変えてゆきます。

朝が早い代わりに夕方は6時に上がります。夕食後7時~9時の間で趣味部屋になっている納戸でギターを弾いて、一曲終わったらアマゾンで買い物をしたり、好きなアーティストのユーチューブを聞いたり、自由な時間を過ごしています。

9時~は布団に入って読書タイムで9時30頃には自然に寝て次の日の5時には目覚ましを掛けずに体が覚えていて、自然と目が覚めます。これで7.5時間は寝られます。

睡眠は本当に大事です。6時間だと頭にもやがかかり、7時間でまあまあ、8時間寝ると最高に頭がクリアになります。出来れば朝起きる時間を6時位にして睡眠を8時間以上取りたいのですが、毎日予定と数字のプレッシャーの連続でなかなか睡眠を十分に取れない時が多いです。

毎日の労働時間は12時間位で、サラリーマンの時よりは大きく減りましたが、インプットとアウトプット及び余暇のバランスが取れていて、本当にスタッフのおかげと思っています。

ちなみに、次の日に仕事の有る日曜日~木曜日は眠りが浅くなるので酒は飲みません。

週末は家族との時間以外は、自宅で仕事をしながらたまにギターを弾き、たまに釣りに行き、たまにドライブ、1日は週明けの仕事の段取りに使います。

会社を潰さないようにするのに、生活習慣はとても大事と思っています。

良い仕事には、良い睡眠・良い食生活・運動が大事と思います。

頭がクリアな状態を保ち、毎日を乗り切りたいと思います。

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから
建築業界向けWEB活用セミナー