世の中に溢れかえるWEBデザインとの差別化

見栄えの良いホームページが
世の中に増え続けていると思います。

常に新しいWEBのUXを見ていますが、変えたほうが良い部分と、変わらないほうが良い部分が有ると思っています。

器は私どもは昔からワードプレス1択です。
それ以外の選択肢を、今は選ぶ合理性はありません。

昔大規模ポータルサイトを構築していたころ
ムーバブルタイプが主流でした。
いつの間にかWPに切り替わりましたね。

WIXが出ました、JIMDOもあります。
ただ、このような無料ツールはワードプレスと比較して流行しているでしょうか。

何故流行しないのでしょうか。

僕はこれらの無料ツールはコーディングが出来ない方が使えるようにするあまり動的にし過ぎてJSが重くなった事が使われない原因と思っています。今後電波速度で解決する可能性は有りますが、今のところは運用性が悪くて利便性が悪く、使われていない、だから知見も積みあがらず、結果として運用できないという状況かと思います。

ワードプレスはこのような無料CMSの中での世界のデファクトスタンダードであり、作業者が多くて可変性が高く、中小工務店様・設計事務所様が慣れが高まっている仕組みであり、この先の様々な変化に追従できると考えています。

よく、ワードプレスはテンプレ感がするので大手感が出ないといった議論が有りますが、日々手を動かして携わっている者としては「それは嘘だな」と思っています。いくらでも器は崩せるからです。

中小企業のWEBサイトにおいて、出来ない事を探すのが難しいくらいのツールと思っています。

その中でプラグインやCMSが持っている合理性・仕組みを取っていくという判断をしています。

この先、閲覧デバイスは変わります。

ポストスマホがもう目の前まで来ている事をまだほとんどの人は気づいていないと思います。

そこに追従していけるのはスタンダードツールのみ、また小手先でなく本質のみと考えています。

オープンソースの時代においてオリジナルのCMSは制作会社の都合であったり、顧客の囲い込みを行うための制作会社側の口実に思えてなりません。

そして当社のデザインは「デザインの普遍的な良さ」を追求しています。

例えば、整列を徹底的に行う事。

デザインにおいて当たり前の整列という行為が、なされておらず、配慮されていないWEBサイトは1秒で分かります。

残念でなりません。

殆どのサイトが似たり寄ったり、ともすると「いまはどれも良い」というものが多いです。

何故良く見えないのか。
逆に良く見える要素を言語化すると何か。

文字列の海になっていないか。
パディングが狭すぎないか。
画像の解像度が低くないか。
その画像は何故映えているのか。

クライアントのキャラクター・社風に有ったデザイン要素を使っているか。
ペルソナは誰か。どんな髪型・ファッションか。
TOPと下層で別人格になっていないか。

しつこく、しつこく
しつこすぎるぐらいに
デザインを見て改善しています。

自分が携わるWEBサイトを一つ飛びぬけた印象を持たせてゆく、という事に注力しています。

唯一無二のサイトをクライアント一人一人にご提供し、よろこんでもらいたい。

楽しい事この上ない仕事です。

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから