秀建・SHUKEN Re様の賀詞交歓会に出席しました | ミライスタイル

秀建・SHUKEN Re様の賀詞交歓会に出席しました

昨日は、当社が二人三脚でグループ全体のWEB運用のサポートをさせて頂いている(株)秀建・(株)SHUKEN Reの合同の賀詞交歓会に出席しました。

ここ数年はコロナで開催できていなかったとのことで、久々の開催とのことでした。

会場は浦安ブライトンホテルというホテルです。

協力業者様の安全大会が行われた後、ホールにて夕方から行われました。

会場では、普段お世話になっている(株)秀建・SHUKEN Reのスタッフ様とお会いする事が出来ました。


秀建グループ代表の野原社長の開会の言葉

野原社長のお話の中で秀建グループとして今年力をいれるSAUNAGEという施設向けサウナ・ホームサウナのブランドのご紹介が行われました。

こちらのSAUNAGEの集客も当社にご期待いただいています。

巣ごもり需要やサウナ自体がブームという事も有り、
検索エンジンでの需要の大きさから、大きなマーケットが有る事が分かっています。

さらにWEBの集客手法としても当社のコンテンツSEO対策の相性が、非常に高そうな事業となります。

昨年末、こちらのキャンペーンサイトの構築を通して、プロダクトについての理解と、見せ方とBtoB及び一般ユーザー向け、それぞれの集客方法を検討していました。弾み車となるべく注力していきます。

会場ではお忙しく皆様とあいさつをされていた野原社長と初めて、現地でお話が出来ました。

昨年は採用説明会の動画や採用サイト等も作成させて頂いた関係もあり、今後秀建グループのWEBサイト群、全てを大きく伸ばしていくお約束を致しました。

また会場で検索エンジン対策を強化している商業施設部のWEB運用のご担当者様とご挨拶が出来ました。

そして、当社の創業3年目で出会ったクライアントであるリノベーション事業の(株)SHUKEN Re様の広報チームの部長様、ご担当者様、いつもチャットワークでご一緒させて頂いているメンバーの皆様ともご挨拶が出来ました。

SHUKEN Re様のWEB運用は、常に新たな挑戦をしている事例となります。

会場では、皆様から「SHUKEN Reのサイト、カッコいいですね」とお褒めの言葉を沢山いただきました。
クライアントのスタッフ様の熱意のおかげの部分はありますが、当社のスタッフも喜ぶと思います。

制作段階から自分の無知・未熟さも有る中で、良い時も悪い時も、クライアント様から励ましを受けながら育ててきました。欠員が続いた時期は挽回するべく、時間の許す限り動いてきました。

セッション数や問合せについてはSHUKEN Re様が行っているマーケットの大きさと成長性に加えて、受注活動におけるWEBサイトへの期待値を考えると、決して甘い現場ではないと思っています。

24時間365日WEBは動くため、現況入っている大きなアクセスを失えなず、常に集客に異常値が無いかを見ています。

高い年商の目標を掲げ、優れたデザイン・コンテンツ及び数値結果をを作っていくために、クライアントのスタッフ様もこの上ない努力をしているWEBサイトです。

年初に、新井社長には「リノベーション業界で日本一のWEBサイトにします」とお約束しました。

今後自分の建築業界WEB運用者としての夢をかなえるべく、そのフィールドを頂いている事に感謝しております。

リノベーションは、今後厳しい建築業界における成長市場になります。

人口に対する建築物の床面積が足りていて、さらに人口が半減していく今後の日本、欧米と比較して資産としての建物になりづらい税制等から中古住宅流通が遅れている日本において、リノベーション領域は中小工務店にとって取り組みが必須ともいえる市場と言われています。

新築住宅のみを行う工務店も次々にマーケットに参入してくる事を考えると、一定の先行が出来ている今の状況に甘んじず、後発の事業に負けぬように育て続けていく必要が有ります。


(株)SHUKEN Re代表の新井社長の言葉

会場では、Reの新井社長とも久々にお話が出来ました

コロナの隙間を縫って開催された賀詞交歓会は大変貴重な時間でした。

そして賀詞交歓会の空間は、とても暖かい空間になっていたように感じます。

今後ともこのような現場での皆様との時間を大事にして、引き続きスタッフ一同尽力していきます。

お問い合わせ

CONTACT

(株)ミライスタイルでは今後の人口減少・少子高齢化・建物ストックの飽和による住宅・建築業界の需要変化と
コロナ禍におけるユーザーの変化を見据えて、住宅・建築業界に特化した「WEB運用」を設計事務所さん・工務店さんに導入しています。
WEB運用は日本全国、オンラインにてご対応しております。

採用情報はこちら
メッセージ

MESSAGE

ミライスタイルのWEB運用
10の「ごめんなさい」

当社ではWEB作業者の人工の組合せで結果が大きく左右するWEB運用において 「やらない事」を決め、クライアントの大切なご予算を運用させて頂きます。

VIEW MORE
MENU
PAGE TOP