小規模事業持続化補助金とは | ミライスタイル

小規模事業持続化補助金とは

皆様こんにちは!

ミライスタイルディレクターの聡です。

弊社は昨年までIT導入補助金支援事業者として補助金申請を行い建築業界の企業様の補助金活用のお手伝いをさせて頂きました。

ミライスタイルがこの度、新しく皆様にお届けする補助金取得情報が、
「2019年度 小規模事業持続化補助金を活用した建築業界WEB集客」です。

小規模事業持続化補助金とは小規模事業者が商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、

その計画に沿って販路開拓に取り組むのに必要な費用の3分の2(上限50万円)を

国から補助してもらう制度です。

 

小規模事業者とは建築業では従業員20人以下の会社を指します。

 

この事業を活用すると例えば75万円の品物を皆様に納品した場合、

国が定める所定の手続きを経て、審査に通れば50万円を上限に補助金を受けることができます。

 

この補助金は本来販路開拓につながる次のような様々な取り組みに活用できるものです。

・販促用チラシの作成・配布
・店舗看板の設置
・マスコミ媒体・WEBサイトでの広告
・ネット販売システムの構築
・国内外の展示会への出展
・新製品・新商品の試作開発
・店舗のユニバーサルデザイン化 などです。

弊社はこの小規模事業の中にHPの制作・開設が含まれていることに着目しました。
そしてこの度自社のサービスに取り入れ、お届けする為に3月から各地で毎月開催している

セミナーのプログラムに組み込みつつ

皆様に建築業界のWEB集客×補助金活用としてご案内しています。

これは国の制度なので窓口が一つしかないと思われがちですが、

地方のお客様に対しては各地の商工会議所が窓口となっています。

セミナーでは建築業界のWEB集客に補助金を活用して、効果が出た事例を5つに渡ってお届けします。

過去補助金を通したかったが審査の結果通らなかった、また初めてトライしてみようと思われている

社員数20名以下の建築業界の企業様はミライスタイルが窓口となり申請をサポートさせて頂きます。

 

平野 聡

お問い合わせ

CONTACT

(株)ミライスタイルでは今後の人口減少・少子高齢化・建物ストックの飽和による住宅・建築業界の需要変化と
コロナ禍におけるユーザーの変化を見据えて、住宅・建築業界に特化した「WEB運用」を設計事務所さん・工務店さんに導入しています。
WEB運用は日本全国、オンラインにてご対応しております。

採用情報はこちら
メッセージ

MESSAGE

ミライスタイルのWEB運用
10の「ごめんなさい」

当社ではWEB作業者の人工の組合せで結果が大きく左右するWEB運用において 「やらない事」を決め、クライアントの大切なご予算を運用させて頂きます。

VIEW MORE
MENU
PAGE TOP