【工務店向け】広告・WEB集客で効果的に集客するには?実際の流れも紹介 | ミライスタイル

【工務店向け】広告・WEB集客で効果的に集客するには?実際の流れも紹介

「広告って色んな種類があってどれが良いか分からない」
「WEB集客ってどう始めるの?」
「WEB集客が全然上手くいかない」

この記事を読んでいる方はこのようなことを思っているのではないでしょうか。

WEB集客って色んな種類があってどれが良いのか選ぶのが難しいですよね。また、自社の思いやこだわりがあるけど、ネット集客が難しくてお客様に上手く伝わらない工務店も多いでしょう。

広告を含めたWEB集客は、近年注目されている効果的な集客手法のひとつ。しかし、種類の多さや技術的な難しさに諦めを抱く会社も多くあります。

そこで、今回は、工務店が広告・WEB集客をする際に大切なことや実際の流れ、おすすめ集客手法までご紹介します。

細かくポイントを書いているので、WEB集客で困っている工務店は、参考にしてください。

工務店の集客に広告・WEB集客って効果的なの?

SEO対策やSNS、リスティング広告などのWEB集客は、電車広告と違って、サービスに関心あるユーザーを狙って働きかけられるため、費用対効果が高いです。

特に、SEO対策やSNSは、無料で始められるため、人気のあるWEB集客になります。一方、リスティング広告などの有料広告は、コストはかかってしまいますが、広告自体を最適化すれば、費用を抑えられるので、効果的な集客手法です。

とはいえ、広告やWEB集客には、多く種類があり、迷ってしまいます。それぞれメリット・デメリットがあり、目的に合った集客手法を選ぶのが大切です。

以下では、工務店が活用できる広告・WEB集客の種類を比較し、まとめています。弊社Mirai styleが独自で調査し、点数をつけて評価しています。

是非、参考にしてみてください。

工務店が活用できる広告・WEB集客の種類

工務店が活用できる広告・WEB集客の種類は以下になります。

種類 総合評価 特徴 費用対効果 費用
SEO対策 10点 インターネット検索で自社サイトを上位表示させる 2〜10倍(2年換算) 無料(依頼費:20万〜40万)
リスティング広告 9.5点 検索エンジンの検索結果に表示させる広告 100%〜250% 20万〜50万
SNS 8.0点 InstagramやTwitterを活用して、自社を宣伝する 0%〜300% 無料(依頼費:10万〜50万)
ポータルサイトの活用 7.0点 SUUMOなどまとめサイトに登録する 50%〜120% 20万〜100万
アフィリエイト広告 6.8点 他社のサイトに広告を掲載し、成約したら報酬を支払う広告 90%〜150% 月額3万〜5万
MEO対策 6.5点 マップのインターネット検索で上位表示させる 5〜20倍(2年換算) 1万〜10万
車内広告 6.3点 電車やバスなどで宣伝する 1,500億(宣伝費) 200万〜2000万
マスメディア広告 5.5点 テレビやCMを利用して宣伝する 2兆5,000億(宣伝費) 100万〜8000万
チラシ・ポスティング 5.0点 地域を限定して配布する 3%(反応率) 5万〜20万

上記は広告・WEB集客での種類の一覧表ですが、車内広告やマスメディア広告など効果が測りにくい媒体は、宣伝費や反応率といった別指標でまとめています。

工務店が広告・WEB集客をする時に大切にすべき5つのコト

広告を打ったり、WEB集客をするうえでは、抑えるべきポイントがあります。工務店の中には、「実際に広告を打ったけど、成果が出なかった」という会社も多いはず。

広告・WEB集客は、知識の有無に大きく左右されるため、コストを掛ければ上手くいくという訳ではありません。

そこで、ここでは、工務店が広告・WEB集客をする時に大切にすべきコトを5つご紹介します。

  1. 1.WEB集客とアナログ集客を同時に
  2. 2.工務店を探すお客様の検索行動を考える
  3. 3.お客様はどの工務店が良いか分からない
  4. 4.自社の課題と強みを把握する
  5. 5.自社のコンセプトを明確にする

上記5つに絞りそれぞれ解説していきます。

WEB集客とアナログ集客を同時に

工務店に効率良く集客するなら、WEB集客だけでなく、オフライン集客も一緒にするのが大切です。

WEB集客は、広告などを指し、アナログ集客とは、ポスティングやイベントのことです。

多くの工務店が「アナログ集客だけじゃいけないの?」と思っているはず。

現在、多くの生活者はインターネットで口コミや評判を調べています。また、コロナ禍になり、外出を控える生活者も多く、イベントや相談会に人が集まらなくなりました。

そのため、インターネット上で自社の情報を発信し、知ってもらったりしなければいけません。

今後も工務店のWEB集客の重要性は増してきます。今から対策をするのが良いでしょう。

工務店を探すお客様の検索行動を考える

工務店を探すお客様の検索行動を考えるのは大切です。

建設予算を決まっているお客様なら、住宅関連のポータルサイトや会社ごとの公式サイトを確認して、実際に依頼する会社を調べます。

一方、検索し始めのお客様であれば、建築費用やデザインなど基本的なことを学ぶでしょう。

このように、工務店を探すお客様の検索行動はそれぞれ違います。そのため、自社のターゲットとなるお客様の検索行動を具体化して、最適な戦略を考えなければいけません。

メモにお客様の検索行動を箇条書きするなどして、明確にしてみてください。

お客様はどの工務店が良いか分からない

工務店の自社サイトで、「材料にこだわりがある」や「創業して100年以上」と共感しずらいPRを宣伝していませんか?

日本全国には、日本ハウスホールディングスによれば、工務店は約3万5,000社もあります。また、年々WEBマーケティングに力を入れる工務店も増えています。

そのため、上記のような自社の一方的な共感しずらい宣伝では、お客様に大きなインパクトを与えられません。

多くの工務店がある中で、住宅関連の知識がなくても、お客様が理解できるような伝え方が大切です。

自社サイトで共感を生むメッセージを伝えられているかは何度も確認しましょう。

自社の課題と強みを把握する

自社の課題や強みを理解して、戦略を立てるのも重要です。

自社の課題が分からなければ、効果的な解決策は決められません。そのため、現状分析は徹底的にする必要があります。

具体的に、SWOT分析というフレームワーク分析を利用して分析しましょう。初心者も分かりやすいフレームワークなので、試してみてください。

自社のコンセプトを明確にする

コンセプトとは、簡単にいえば、自社と他社との違うポイントを言語化したものです。先述したように、工務店は国内に多くあります。

その中で、コンセプトが曖昧な場合、お客様は本当に自分に合った工務店なのか判断できません。そのため、お客様に選んでもらいやすくなるためにも、自社の強みなどを具体化したコンセプトを決めましょう。

また、会社全体に目指すべきゴールが明確になるため、一貫した業務ができるようにもなります。

工務店が実際に広告・WEBで集客する実際の流れ

広告を含めたWEB集客は、工務店だけでなく多くの業界にとって馴染みがありません。そのため、実際のフローを知りたいと思う人も多いでしょう。

工務店が実際に広告・WEB集客をする流れは以下の通りです。

  1. 1.認知施策
  2. 2.行動促進施策
  3. 3.意思決定施策

上記の3つのフェーズをWEB集客では実施します。

まず、社名を認知してもらうために、SNSや車内広告で宣伝します。そして、お客様には、実際に物件に来てもらって特徴を感じてもらった方が良いでしょう。そのため、モデルハウスへの来場をHPなどで背中を押します。

最後に、数千万単位にもなる買い物の決定をしてもらうために、意思決定を促す施策をします。この際には、コストやデザイン、機能を減点されないようにHPが充実してあったり、スタッフの対応力が重要です。

工務店が集客に利用すべき2つの広告・WEB集客手法

上記では、工務店が集客に利用できる広告・WEB集客の種類の一覧を紹介しました。

ここでは、その中で、特におすすめできる工務店が集客に利用すべき広告・WEB集客手法を2つピックアップしてご紹介します。

  1. 1.SEO対策
  2. 2.リスティング広告

上記2つに絞りそれぞれ解説していきます。

SEO対策

SEO対策は、工務店が集客に利用すべき方法の一つです。

近年、多くの人がインターネットで調べ、情報を集めています。

そのため、例えば、お客様が『工務店 おすすめ』や『工務店 渋谷』というキーワードでネット検索し、検索結果に自社サイトが1位にあれば、お問合せ件数は向上します。

また、SEO対策は、他の広告と違って、無料でできるのも特徴の一つです。しかし、SEOに関する知識がないと上位表示は難しいため、業者に任せるのも良いでしょう。

建築系に特化したWEB業者に依頼すると、より効率的に上位表示されますよ。

リスティング広告

リスティング広告もかなり有効な集客手法です。

SEO対策の場合、自社サイトの順位が上がったり下がったり安定しないことが多くあります。

リスティング広告の順位は、広告のランクによって決まるため、SEO対策よりも少ない労力で上位表示が可能です。

しかし、適切な単価決めや利益予測、多くの検証と改善が必要です。

リスティング広告も、業者に任せるとよりスムーズに進むので、気軽にお問合せしてみましょう。

工務店でWEB集客したいなら『Mirai style』がおすすめ

建築業界専門WEB運用会社Mirai Style

これまで、工務店への集客に利用できる広告・WEB集客の手法や実際の流れなどを紹介してきました。

WEB集客は、技術的にもかなり難しく、知識の有無に左右されてしまいます。

そこで、工務店でWEB集客をするなら、『Mirai style』がおすすめです。

Mirai styleは、一級建築士を取得している代表取締役が経営する建築業界専門のWEB運用会社です。

取引実績は、200社も超えており、長い間で培ってきたノウハウで、会社ごとの最適解を提供してくれます。実際、口コミで、Mirai styleの技術力にはかなり定評があります。

WEB運用は日本全国、オンラインで対応してくれるので、気軽にお問合せしてみてはいかがでしょう。

まとめ

今回は、工務店が広告・WEB集客をする際に大切なことや実際の流れ、おすすめ集客手法までご紹介しました。

現在、国内には3万以上の工務店があり、中には、WEBマーケティングに力を入れている会社もあります。

今後、多くの工務店よりも自社がお客様に選ばれるためには、以下の点を抑えるのが大切です。

  • ・1.WEB集客とアナログ集客を同時に
  • ・工務店を探すお客様の検索行動を考える
  • ・お客様はどの工務店が良いか分からない
  • ・自社の課題と強みを把握する
  • ・自社のコンセプトを明確にする

また、この記事では、多くの広告・WEB集客の種類を紹介していますが、『SEO対策』と『リスティング広告』は特におすすめです。

広告運用やWEB運用は、知識の有無に大きく影響されるので、業者に任しても良いでしょう。

本記事では、おすすめ会社も紹介してるので、参考にしてみてください。

お問い合わせ

CONTACT

(株)ミライスタイルでは今後の人口減少・少子高齢化・建物ストックの飽和による住宅・建築業界の需要変化と
コロナ禍におけるユーザーの変化を見据えて、住宅・建築業界に特化した「WEB運用」を設計事務所さん・工務店さんに導入しています。
WEB運用は日本全国、オンラインにてご対応しております。

採用情報はこちら
メッセージ

MESSAGE

ミライスタイルのWEB運用
10の「ごめんなさい」

当社ではWEB作業者の人工の組合せで結果が大きく左右するWEB運用において 「やらない事」を決め、クライアントの大切なご予算を運用させて頂きます。

VIEW MORE
MENU
PAGE TOP