WEB運用日記〜なぜ今の仕事をしているか?〜

こんにちは、WEBディレクタの斉藤です。

私ごとですが、「なぜ今の仕事をしているか?」について綴りたいと思います。

建築業界で働いていました

私はもともと住宅業界で働いていました。

設計→現場監督→営業と一通りこなし、主に戸建住宅をメインにしていました。

10年間建築業界にいて、200組以上のご家族の想いや希望を叶えていくことは何事にも変えられないやり甲斐がありました。

すべてのお客様の夢を叶えられたわけではなく、予算が合わなかったり、他の会社で建てられたり、親の反対があったり・・・

様々なドラマがありました。

建築の未来、自分の未来

しかし、一歩外に目を向ければ「少子高齢化」「空き家問題」「消費税増税」などなど、

直接的な影響もあれば間接的にいろいろな社会問題や経済情勢など、めまぐるしく世の中は変わっていきます。

その中で日本の住宅業界・建築業界はこのままでいいのか?という考えが、日に日に高まっていくのを常に感じていました。

特に、建築業界の古い慣習ややり方には疑問を持っていましたので、今の時代にあった方法や技術で最適な仕事はできないか?

と考えた結果、建築×ITという方法に出会いました。

ITは限られた労力・時間・コストを最大限活用すれば、今までより何倍もの成果が得られる可能性が大いにあります。

地元密着は強い

結論として、「地元密着・地域密着」というのは最大の強みであり、大手はマネすることができません。

ITを使って、今の時代にあった最適な広告戦略をすれば、地域密着の工務店や中小企業は強いと思っています。

私が住宅業界で働いていたときも、集客が全然できずに、日々悩んでいました。

完成見学会やセミナーを開催しても、1組か2組くらいで、0のときも珍しくはありません。

でも、WEBを上手く活用し、企業努力されているところは何十組も集客に成功している事実もあります。

そこでは大手企業が踏み入れられないニッチなエリアであったり、戦略が繰り広げられています。

プラスして独自の商品やストロングポイントを明確にして伝えることにより、武器としてフル活用しています。

まだまだ未熟な私ですが、この可能性を日々追求しながら、お客様の成果に貢献できるように精進してまいります。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら