建築業とITの融合について

皆様、こんにちは。

当社は、「建築業界専門のWEB運用事業」という独自の事業を行っております。

建築という、経営リソースにおいては「モノ・カネ」で育ったオールドエコノミーに

私のようなプログラマとか、ITスキルを持った人たちが

どちらかというとデータ系のニューエコノミー側から

建築とITを融合させた事業を行っている会社が昨今増えています。

 
 

建築業は第4次産業革命の現在において

ITとの融合により新しい歴史を切り開く、そのカンブリア紀に相当していると思います。

リーダーは群雄割拠の時代であり、建築とITを組み合わせたベンチャー企業が続々と出てきています。

時代が大きく変わる、そのうねりの中で自分の事業が出来るのは本当に楽しい。

ITというのは非常に大きな熱量が有ります。

でも、みんながオートメーションして、みんな同じになるのでは??

その中で「建築をどうしたいか」。という事をみんな同世代の友達の会社が頑張っていたりします。

あれこれ思案しながら、みんなが建築業界を元気にしようと頑張ってます。

 
 

一方で全員がリーダーになるわけではないので、二番手タイプも少しは必要かなあ、と思ったり。

僕の会社はフォロワー的な会社にしたいと考えています。

時代の変革点で、明治維新みたいになるとしたら

これから建築業界はリーダーが増えるので

「逆にフォロワーの集まりの会社」も割と面白いのでは、と思っていて。

 
 

ARとかAIとか、扱いが難しい技術もあります。

少しでもマーケットより先行しすぎるとビジネスにならないんですよね、、

技術だけでは目の前のお客様は喜んでくれない事が分かってきて。

遅くても早くても、ダメ?な感じかなあ。

 
 

時代の半歩先にマーケットがあるとは、よく言われます。

自分なんかは社長の下で経営を支えるのが合っているので

プロダクトを生み出すのはやめて

出てくる技術を上手く使うのが良いかな、と思っています。

 
 

明日も建築のお役に立てる会社を目指して

一つ一つ積み重ねたいと思います。