読書、、「イメージコンサルタントが教える工務店営業」

今日もWEB制作の傍ら、読書をしていました。

イメージコンサルタントが教える工務店営業(:信田宏美)からは、日ごろから考えていたことが何となく再確認できました。

・商品を売るのではなく、相手の真のニーズを聞く
・お客様の要望に対して洞察し、悩み(ニーズ)を解決する方法を提案する

工務店経営においてはこれに合わせて「希少性」が重要と思います。
WEB運用クライアント様のビジネスの希少性の発見と、それを守る取組みとして

■ 当社のお客様と同じようなビジネスを、同じエリアで他社さんがやっていないか
■ 今は上手くいっているけど、すぐに他社さんが真似をして追随して来ていないか

等は当社も建築家・工務店・不動産会社さんのWEB運用クライアント様と一緒に、毎日リサーチしております。

プレゼン・見積の面談において、お客様の悩み(ニーズ)を聞いたうえで、そのニーズに対して希少性のあるサービスを提供できれば良いのではないでしょうか。

そして会社の生産性を考えると、「2つ以上の関連無さそうな事象を、1つのアイディアで同時に解決する」を量産する事が、会社経営にとって重要と思います。

そうして生まれた無駄のない経営を元に、「誰でも出来そうな技術を、誰でも出来ない水準にまで作り上げて仕組化」する事によって適正利益を確保し、他社と差別化してゆく事が大事なのではないかと思います。

このような、WEB運用クライアント様の事業に合ったWEB制作をしてゆきたいと思います。

そして筆者の言うようにこれからの時代は、「人柄が重要になる」という意見には同意です。

このような気づきを元に、明日からも
「経営に寄り添う技術開発」という目標に向かって
スタッフ一同頑張りたいと思います。