読書、、今度こそ読み通せる名著 マキャベリの「君主論」

本日は、愛知への出張の新幹線の中で

マキャベリの「君主論」を読んでいました。

読んでみると、頭を殴られたような衝撃が有りました。

このような考え方が、そっくりそのまま現代の会社経営に応用できるかはまた別として、戦争の様子をベースに人間の本質について語られており、読んでおいて損はないかと思います。

守りに入っている時、変化していなければ、それは守ったのではなく、退化して何かを失っているんだと、この本を読んでいて思いました。

マキャベリは脚本家として、「マンドラゴラ」という演劇作品も残しており、この中で

・確実な善と不確かな悪が有る場合、不確かな悪を恐れて、確実な善を逃してはいけません

と言っています。

このような歴史の名著からは様々な気づきが有るので、どんどん吸収してゆきたいと思います。