読書、、起業大全――スタートアップを科学する9つのフレームワーク(田所雅之)

本日も最近読んだ一冊を。

起業大全――スタートアップを科学する9つのフレームワーク(田所雅之)

同じ著者の 起業の科学 スタートアップサイエンスがとても勉強になったので、同じ著者の続編という事で買ってみました。

スタートアップのビジネスを行う経営者には特におすすめの1冊になっています。

・既存のやり方の10倍~20倍の効率を産むソリューションを、「まだ見ぬ未来を見据えて」最適化するPFMF(Product Future Market Fit)
・Tech TouchのSaaSを始める場合は、まずはコンサルをするなどして初めてみる
・顧客の成功を「定量化」する
・アメリカで成功したスタートアップがスケールする前の人員は7.5人。その後、一気に人を増やしている

といったところが、特に自分や友達の経営には参考になりそうだと思いました。

当社は受託事業を徐々にシステム化させる時期と考えており、ここからの戦略を練ってゆく参考になりました。

お勧めです。

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから
30分でわかる資産になるWEB運用