不動産のネット広告|基本情報と最新トレンドを合わせて紹介

「インターネット広告ってどんなものなの?」とお悩みの方。インターネット広告は、インターネット検索やニュースサイトなどで広告を配信できるものです。とはいえ、チラシや雑誌、TVなどの広告と比べるとちょっと難しそう。と感じてしまいますよね。そこでこの記事では、不動産におけるインターネット広告についての概要や上手に広告を運用する方法について紹介します。これからインターネット広告の運用を始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

不動産におけるインターネット広告とは?

不動産におけるインターネット広告は、インターネット検索やニュースサイトなどで自社がもつおすすめの物件を訴求することができます。不動産におけるインターネット広告が表示されるのは、GoogleやYahooなどで検索した結果の上部分」「ニュースサイトやブログ」などがメインです。GoogleやYahooなどで検索した結果の上部分の場合、文章だけの広告ですが興味や関心が高い検索ユーザーに対して訴求できます。一方、ニュースサイトやブログの場合、多少の興味や関心があるユーザーを対象に文章と画像で訴求することが可能です。

広告の費用が発生するタイミングはクリックされたとき

インターネット広告は、広告をクリックされてたときに費用が発生します。そのため、広告の運用を始める際の初期投資や毎月決まった使用料などがいりません。広告を配信するには、どんなキーワードで検索した人に表示させるかを決めます。広告の表示をするキーワードを設定することで、自社が狙っているターゲットに訴求することができます。

不動産のインターネット広告で禁止されて「おとり広告」

不動産のインターネット広告では、「おとり広告」を禁止しています。おとり広告とは、実際には借りられない物件の画像で集客をすることです。おとり広告には、

  • 実際には存在していない架空の物件を広告
  • すでに契約されていて借りることができない物件を広告
  • そもそも契約する意思のない物件を広告

などがあります。おとり広告を使って、他の物件よりも安く見せたりすでに契約されたため違う物件を紹介したりすることで、所有する物件に誘導することは禁止されています。実際にインターネット広告の運用を始めてから「知らなかった」「気付かなかった」など、どんな理由であれ処罰を受ける対象になるので注意が必要です。

もちろん不当表示の禁止

広告を偽って不当の情報を与えることも禁止されています。他にも、ルールに定められた項目を表示せずに物件をよく見せようとすることも不当表示です。また、物件の利用を害する地形などのマイナス要素を隠すことも禁止です。広告を運用するにあたり、まずはどんな行為が禁止されているかを見極めることが重要です。

不動産のインターネット広告を上手に運用する方法

不動産のインターネット広告は、工夫を加えるだけで広告のコストを下げながら質の高い訴求ができます。ここでは、

  • 広告の配信する方法を明確に設定する
  • 広告内の文章を工夫する
  • ホームページを改善する

についてご紹介します。

広告の配信する方法を明確に設定する

まずは、広告の配信する方法を明確に設定してみましょう。例えば、広告を配信する地域きめて狙ったエリアの物件を探しているユーザーに対して訴求したり、広告を配信する時間を自社が営業している時間内に設定してすぐにお問い合わせに反応できるようにしたりします。その結果、物件に興味を持っているお客さまに訴求しやすくします。これらの細かい設定をすることで、自社が狙うターゲットに対して的確に広告を配信して契約を取りやすくすることが可能です。

広告内の文章を工夫する

広告に載せる文章は、ターゲットが「お!これなんだろう?」「この物件すごいな!詳細はどうなっているのだろう?」など、広告をクリックしてもらいやすくする必要があります。そこで、広告したい物件に住むことで得られるメリットや将来像をかき立てる文章を考えましょう。例えば、「東京駅まで15分!なのに家賃は8万円代」「都内なのに10万円代で家族と住める3LDK」など、家賃や立地が想像しやすくターゲットの「ちょっと覗いてみよう」といった感情をかき立たせることができます。広告に載せる文章を工夫するだけで、広告への反応を仰いでお問い合わせの件数を増やしやすくします。

ホームページを改善する

自社のホームページを改善して、ターゲットからのお問い合わせを増やすことができます。せっかくホームページを見たのに、求めている情報をみつけるまでに時間がかかったり見つけられなかったら、お問い合わせをしてもらうことができません。また、お問い合わせに必要となる情報がそろわず、お客さまがお問い合わせをすることができない場合も考えられます。それでは、ホームページの意味がありませんよね。例えば、ホームページを見ただけで物件のメリットが理解しやすいレイアウトにしたり、問い合わせに必要な情報を最低限のものにしたりします。その結果、ターゲットにかかる負荷を少なくして効果的にお問い合わせをもらいやすくできます。

インターネット広告を使って効率よくお問い合わせを獲得しよう

今回の記事では、不動産のインターネット広告について説明しました。手軽に導入できるインターネット広告ですが、ただ運用しているだけでは理想的な効果は実感できません。広告を始めるのであれば、自社のオリジナル特典など採用してお得感を出して他社との比較をしてもらいましょう。まずは、自社だからこそ提供できるオリジナル特典を考えるところから始めることをおすすめします。

WEB活用セミナーを各地で開催しています

建築業界専門のWEB運用会社 (株)ミライスタイルでは、定期的に東京・名古屋・つくばで経営者向けのWEB活用セミナーを開催しています。

会場で代表者により
①スマホ・コンテンツマーケティングとは
②50,000アクセス/月の建築設計・工事受注システムの作り方
③検索上位対策の具体的手法
④SNSの集客活用方法
⑤WEB広告の種類・方法
等、建築業の受注活動に役立つ各種の技術をご紹介しています。

参加者ごとに5段階評価のWEB診断書をお渡しし、具体的な改善案もお伝えしています。
明日からの建築業界の受注活動にご興味のある方は、是非お気軽にセミナーにご参加ください。

建築業界向けWEB活用セミナー 東京会場 次回のご案内

建築業界向けWEB活用セミナー 名古屋会場 次回のご案内

建築業界向けWEB活用セミナー つくば会場 次回のご案内

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら