オウンドメディアのメリット

こんにちは、WEBディレクターの本郷です。

今回は建築会社のオウンドメディアのメリットについてお伝えします。

広告費を最低限に抑えられる

通常広告というとテレビのCMやプレスリリース、チラシの配布などマスメディアを使ったり、素材を使ったりと通常であれば膨大な広告費が発生します。

しかしオウンドメディアを作り上手く運営することにより、効率よく自社の宣伝が可能になります。

オウンドメディアは単純な自社のHPではなく、自社の情報を宣伝するための媒体でもあります。

そのため上手に運営をすれば広告費を最小限に抑えることが可能です。

拡散力

広告費が抑えられる理由として拡散力が挙げられます。

WEBメディアの利点として、発信をHPだけで完結するのではなく、Twitter, Instagram, Facebook, YouTube…など様々なSNSを使い、そのプラットフォームに合わせた情報を発信することができます。

そうすることにより、情報を広く発信することができ、さらに良い情報はユーザーにより広く拡散される可能性もあります。

顧客目線で自然に宣伝ができる

宣伝というと、企業側から顧客へ一方的に宣伝するイメージを持っている人が多いと思いますが、一方的に商品のメリットを宣伝するのではなく、興味があるユーザーに対して自然に宣伝ができます。

オウンドメディアの内容は企業によって異なりますが、一般的に顧客が好むような情報、例えば「マンションと戸建ての違い」、「狭小住宅のメリット」…など、自社の顧客が探している情報を発信すると良いでしょう。

ターゲットを分析できる

オウンドメディアにGoogle Analyticsなどを入れることにより、毎月どのぐらいのPV数があるのかを測定することができ、顧客(ターゲット)がどのような情報を好むのかを分析することができます。

上記のように顧客が好む情報を発信するため、ターゲティングがより正確になります。

オウンドメディアを上手に運営する

このようにこれまでHPというとどちらかというと静的なものだったのに対し、オウンドメディアは情報を発信する動的なメディアとなります。

オウンドメディアを上手に運営することで上記のようなメリットがあるだけでなく、自社の情報を発信することで信頼関係も生まれ、顧客との距離も近くなります。