集客できる不動産ホームページ制作のポイント

不動産業界でも自社ホームページを持つことはすでに一般的ですが、競合が増えているためただ制作するだけでは集客できません。

今回は集客できる不動産ホームページを作るというテーマで、制作のポイントを解説していきます。

新しく不動産ホームページを作る、またはリニューアルを考えている経営者の方や広告担当の方は、ぜひ参考にしてください。

 


目次
■ホームページ制作は集客がゴール
■集客できる不動産ホームページ制作のポイント
■不動産ホームページの制作実例
■不動産ホームページ制作は専門性の高い会社で


 

■ホームページ制作は集客がゴール

ホームページ制作では検索機能の充実やおしゃれなデザインに注力しがちですが、ゴールは集客であり、さまざまな要素はあくまで手段であることを念頭に置きましょう。

どんなにおしゃれで物件数が多いサイトでも、お客様が来てくれなければ集客にはつながりません。経営側の目線だけで作って満足したホームページでは、コンスタントに集客するのは難しいでしょう。

ホームページにおいても、実際の店舗や接客と同じようにお客様目線を採り入れることが集客につなげるコツです。

 

■集客できる不動産ホームページ制作のポイント

 

・シンプルで見やすいデザイン

シンプルな住宅会社のホームページ

デザインが自由な自社ホームページ制作ではたくさんの情報を詰め込みがちですが、集客できているホームページはシンプルなデザインが多いです。

情報量が多すぎると、お客様が目的の情報を見つけられず離脱の原因となります。特に最近はスマートフォンでアクセスするユーザーが増えていますので、1画面の情報量を抑えないと見にくくなってしまいます。

 

・一目でコンセプトを伝える

一口に不動産といっても賃貸・売買などお客様の目的はさまざまなため、パッと見て何に強い会社なのか伝わるようにすることが大切です。

例えば投資物件売買が強みなのに賃貸っぽいデザインだと、ユーザーは一目で判断してホームページを離脱してしまうかもしれません。逆に賃貸物件探しのユーザーに対し、高級感のあるデザインも刺さらないでしょう。

どんな物件でも扱える対応力・総合力も一つの武器ではありますが、競合が多いインターネット上では埋もれてしまう可能性があります。「リノベ済み物件が多い」「投資物件が豊富」など、特定の分野に関する強みをコンセプトとして伝えるようにしましょう。

 

・ユーザーが欲しい情報から並べる

賃貸不動産会社のホームページ

ホームページを訪れるお客様は必ずメインの目的を持っていて、それ以外の情報には見向きもしません。「つくば×賃貸」と検索した人は地域の物件情報が一番に欲しいのであって、いきなり会社の沿革やお役立ちコンテンツを並べてもじゃまになるだけです。

特にトップページは訪れたユーザーが欲しい情報を目立つ位置に並べ、会社から伝えたいことは優先度を下げましょう。自分が欲しい情報に満足して初めて、会社の信頼性やお役立ちコンテンツに興味が移ります。

 

・専門性の高いコンテンツ

不動産ホームページのメインコンテンツである物件情報のほかに、コンセプトに合った専門性の高いコンテンツを置くことも集客力アップさせるコツの一つです。

賃貸物件をメインに扱うホームページなら、物件探しのコツや内見時のチェックポイント、引っ越しの手続きなど関連コンテンツを充実させましょう。自社の営業エリアに特化した地域情報など、競合と差別化するコンテンツも効果的です。ネット上で拾える汎用的な情報ではなく、一次情報に基づく質の高い情報発信を目指してください。

質の高いコンテンツはサイトを訪れたユーザーの回遊率やリピート率を高めるだけでなく、SEO対策にもなり集客の分母を増やせて一石二鳥です。

 

・更新頻度が見えるようにする

賃貸・売買など分野に関わらず、ホームページに来てくれたユーザーがいきなり問い合わせに至るケースは少ないはずです。トップページに新着情報など更新頻度が見える仕組みを作ると、ユーザーが再訪してくれて集客率アップが期待できます。

新着物件やお役立ちコラムの更新など、「また見たい」と思えるコンテンツとトップページを連動させ動きのあるサイトにしましょう。

 

・会社の信頼性を見せる

不動産会社選びで重要性の高い、会社の信頼性をホームページ上で演出するのも大切なポイントです。

ただ情報を羅列するだけでなく、代表あいさつやスタッフ紹介、接客風景の写真などを使うと会社の雰囲気が伝わります。まったくスタッフ情報がないサイトとくらべると、お客様が受ける印象はかなり変わるはずです。

物件探しや売却を「この会社に相談したい!」と思ってもらえるような雰囲気を見せましょう。

 

・わかりやすい場所に問い合わせ動線を置く

インターネット経由のお客様は実際の来店に比べるとせっかちで離脱しやすいため、問い合わせ動線をパッと分かりやすい場所に設置することはとても大切です。

どこから問い合わせれば良いのか分からなかったり、使いたい問い合わせ方法がなかったりすると、お客様はすぐほかのホームページに移動してしまいます。お客様が欲しい情報を閲覧した動線の延長上に問い合わせ動線があると、スムーズに誘導でき集客チャンスを逃しません。

ただ目立つ場所に問い合わせバナーを置くだけでなく、お客様の行動に合わせた位置に配置してみましょう。電話・メールだけでなく、LINEなど新しい問い合わせ方法にも積極的に対応してください。

 

・簡単に運用できるシステム

自社ホームページは作って終わりではなく、日々新しい情報を更新していくことが大切です。運用が煩雑なシステムだと業務の負担となるため、わかりやすく簡単に更新できる仕組みで作りましょう。

新着情報の更新や問い合わせフォームの返信など、制作を依頼するまえに実際の運用方法もしっかりチェックしてください。

 

■不動産ホームページの制作実例

株式会社Best Stage

株式会社Best Stageのホームページ

埼玉県を中心にデザイナーズアパートなどの投資物件を扱う不動産会社様のホームページです。必要な情報を絞り込んだシンプルなトップページで、コンセプトが直感的に伝わるデザインにまとめています。

目立つ場所に新着情報を置くことでサイトの動きを見せつつ、代表のメッセージなど信頼感のあるコンテンツも盛り込みました。

 

【実例の詳細】⇒株式会社Best Stage

 

■不動産ホームページ制作は専門性の高い会社で

世の中には多くのホームページ制作会社があり、費用・サービス内容から得意ジャンルまで様々。多くの選択肢から一社を選ぶのはなかなか大変ですが、業界に特化した専門性の高い会社を選ぶのがおすすめです。

特に不動産ホームページは飲食や製造業といった汎用的なサイトとは違い、専門性が高いジャンルです。上で挙げたような集客につながる工夫を盛り込むには、実績とノウハウを持つプロのサポートが重要になります。

多くのジャンルに対応する会社やフリーランスでも問題ありませんが、必ず住宅・不動産業界の知見や制作実績があるかチェックしてみて下さい。

 

■まとめ

不動産ホームページはただつくれば良いわけではなく、お客様目線で集客につながる仕組み・工夫を盛り込むことが大切です。

デザインに凝り過ぎた自己満足のホームページにならないよう、プロのサポートを受けながらユーザー目線で集客できるサイトに仕上げましょう。

最初はコストと手間がかかりますが、じっくり育てた自社ホームページは安定した集客ツールとして活躍してくれます。

 

不動産ホームページ制作はミライスタイルへ

ミライスタイルのスタッフ

不動産会社様のホームページ制作・リニューアルは、住宅・建築業界専門のミライスタイルにご相談ください。業界に特化することで蓄積したノウハウを活かし、会社のコンセプトや強みが伝わり集客できるホームページづくりをお手伝いいたします。

ホームページのデザイン構築だけでなく、SEO対策やリスティング・SNS広告といった運用までトータルサポートできるのが私たちの強みです。住宅専門のプロカメラマンによる写真・動画撮影など、ホームページに関わることならなんでもご相談ください。

工務店のWEB運用実績一覧

【WEB運用実績】

 

全国からお申し込みいただけるオンライン相談会も実施しております。

ミライスタイルのオンライン相談

【オンライン相談の詳細はコチラ】

 


株式会社ミライスタイル
https://mirai-style.net/
〒300-2417茨城県つくばみらい市富士見が丘2-14-5
tel:029-734-1307
fax:029-734-1308

 

著者情報

茂田啓良

茂田啓良(株)ミライスタイル ライター 

リフォーム営業マン・監督、エクステリア職人を経験しました。プラン提案、現場管理、施工と様々な視点から家づくりに関わって得た経験と知識を活かし、暮らしに役立つ情報をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら

監修者情報

平野雄介

平野雄介(株)ミライスタイル 代表

筑波大学大学院人間総合科学研究科 建築専攻卒。ゼネコンの現場監督,木造躯体供給会社,構造設計事務所のWEB担当を経て独立。建築業界専門のWEB運用会社 株式会社ミライスタイルを創業。

詳しいプロフィールはこちら

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから
30分でわかる資産になるWEB運用