モデルハウスの集客が難しい...見直すべき 7つのポイントと改善方法 | ミライスタイル

モデルハウスの集客が難しい...見直すべき 7つのポイントと改善方法

コロナによる来場者の減少、求めている層がこない、相談に繋がらない、など年々難しくなっているモデルハウスの集客。できる限りのことをやっているはずなのに結果がでなければ、やる気もなくなってしまいますよね。もし頑張っている集客に結果が出ていないのであれば、今回ご紹介する7つのポイントを見直すことで改善できる可能性があります。具体的な改善方法も合わせてご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。


コラムのポイント
・7つのポイントを見直すことで、モデルハウスの集客だけでなくターゲットやブランディングといったビジネスの弱点も見直すことができます。
・時代背景や人口減少など様々な理由で、モデルハウスの集客はますます難しくなってきています。時代にあった集客方法を取り入れながら、必要とされている方に自社商品を届けていきましょう。


 

目次

◼ モデルハウスにお客様がやってこない...
◼ 【集客】見直すべき7つのポイントと改善方法
◼ 自社のwebサイトを整えて反響率アップ!
◼ モデルハウスの集客を成功させるなら...

 

 

 

モデルハウスにお客様がやってこない...

モデルハウスの集客

新しい住まいや暮らしを体感してもらうためには欠かせない、モデルハウス。見本用として建てたものですが、お客様に雰囲気を知ってもらいやすい上、機能性やデザイン性、構造、イメージなどを詳しく伝えることができるため、とにかく足を運んでもらいたいというのが本音ではないでしょうか。
新型コロナウイルス蔓延に伴い、対面型や体験型のサービスはかなり打撃を受けました。緊急事態宣言が出ていた時は、お客様がやってこなくても仕方がない…と諦めていたかもしれませんが、落ち着いてきた今でもお客様がやってこない状態が続いていませんか?

もし、モデルハウスにお客様がやってこない状態が続いているのであれば、見直すべきポイントが潜んでいる可能性大です。今のうちに足を運んでもらえるモデルハウスになるよう見直しと改善を進めていきましょう。

 

関連コラム

 

 

 

【集客】見直すべき7つのポイントと改善方法

モデルハウスの集客

モデルハウスの集客ができていない場合、いくつが原因がありますが主に次のような理由が挙げられます。

1 認知されているか

そもそも、モデルハウスがあることや見学会などを実施していることを知られていない、社名が知られていない、という可能性があります。知らない会社の知らない商品に手を出すのは怖いもの。家のような大きな買い物であれば、なおさらでしょう。

web広告やCM、看板など存在を知ってもらうための活動を今一度見直し、効果が出ている部分に関してはさらに強化する必要があります。

2 ターゲットに届いているか

多くの人に届けた方が、認知度も上がり選ばれる可能性は高くなるでしょう。しかしどれだけ認知度を高めても、ターゲットに届いていなければモデルハウスに足を運んでもらうことはできません。

自社が提供している住宅を選んでくれる人、顧客になる可能性が高い人をターゲットにしているか今一度見直し、狙いを定めて広告展開していくことが大切です。過去の顧客データを整理し、ターゲットの動線に沿った広告展開を進めていきましょう。

3 ターゲットが求める世界観が実現しているか

自社が打ち出しているイメージと、ターゲットが求めている世界観にズレが生じていると集客に繋げることが難しくなります。高品質・高級感を打ち出しているにも関わらず、モデルハウスの周りに立ててある旗がチープな印象だと、それだけで足を遠ざけます。

自社が提供できる品質やデザインを喜んでくれる層をターゲットに設定できているのか、見直した上で自社の立ち位置、ブランディングを見直してみましょう。

4 ターゲットに刺さるイベントをしているか

多くの情報をネットで集められるようになった今、わざわざモデルハウスに足を運ぶというのはハードルが高い行為です。そういった方に行動を起こしてもらうためのイベントですが、魅力を感じてもらえなければなかなか人は集まりません。

家を見るだけでなく、ワークショップや大型遊具の設置など訪れた時間を楽しめるイベント、キャンペーンや来場者プレゼントなどを企画し、付加価値を感じてもらうための練り直しが大切です。

5 情報収集できる環境が整っているか

オンライン化が進んでいる今、モデルハウスだけでなく自社webサイトを活用した集客が主流になりつつあります。モデルハウスにいく前に、一度webサイトを調べてみよう…と思った時、更新されていなかったり必要な情報が得られなかったりすると、それだけで来場意欲を失います。

家づくりを検討している方の多くは、ネットで情報収集した上でさらに現実的に検討するためモデルハウスに足を運びます。この流れを妨げないよう、自社webサイトが適切に運用されているのか見直してみましょう。

6 ファン化できているか

数多くの競合モデルハウスと差別化できていなければ、わざわざ足を運んでもらうことは難しくなります。他社が持っていない部分、自社の強みを前面に打ち出し、差別化できているのかを今一度見直してみましょう。

他社にはない、会社そのものや理念、働く社員、つくり出すものにファンがついていれば、それだけで購買意欲に繋がります。SNS時代になり購買モデルが大幅に変化した今、画一的な広告展開だけでなくファン化を促す戦略を練り直してみましょう。

7 行動を促せているか

『モデルハウスに足を運ぶ』という行動は、自発的に起こるものではなくこちらから促していく必要があります。適切なメッセージを伝え、来店するように背中を押せているかを確認してみましょう。
行動を促す方法として先述したイベント開催などがありますが、気軽にできる資料請求や無料相談会、無料説明会なども効果的です。接点を持つことで思わぬ悩みや本音などを聞くこともできるので、良質な関係性を築くことができます。

 

モデルハウスの集客

 

このように、モデルハウスの集客ができていない時に見直したいポイントは多々あります。ここ数年で大きく時代の流れが変わり、今までと同じやり方ではますます集客は難しくなります。時代の変化に合わせた集客方法を取り入れ、活かしていくことが大切です。

関連コラム

 

 

 

自社のwebサイトを整えて反響率アップ!

モデルハウスの集客

モデルハウスの集客を成功させるために効果的なのは、やはり『自社webサイトの活用』です。集客にSNSが活用されるようになった今、InstagramやFacebookでの発信に力を入れることももちろん大切ですが、もっと情報が欲しい!という方の思いを満たすことができるのが自社webサイトです。

会社の考え方や取り扱っている商品、事例などを見やすくまとめることができるのはもちろん、最近は『VRモデルハウス』といって自宅にいながら動画でモデルハウスを体験できるコンテンツを加えることもできます。動画とはいえ、リアルに新生活をイメージすることができるので自分ごとと考えながら具体的に家づくりをイメージすることができます。 VRモデルハウスを体験し、もう少し詳しく知りたいと思った方に来場していただくのもひとつの顧客動線ですよね。

実際に、自社webサイトを整え活用し始めたことで認知され、ターゲットからの問い合わせや無料相談、モデルハウスへの来場が増えたクライアント様はたくさんいらっしゃいます。

▶︎自社webサイト活用実績はこちら

関連コラム

 

 

 

モデルハウスの集客を成功させるなら...

モデルハウスの集客

時代背景や人口減少など様々な理由で、モデルハウスの集客はますます難しくなってきています。だからこそ、問題点を見つけ改善することで人の流れをつくり出すことができます。特に自社webサイトの運用は、大きな効果が期待できます。時代にあった集客方法を取り入れながら、必要とされている方に自社商品を届けていきましょう。

モデルハウスの集客

 

ミライスタイルは建築業界専門のWEB制作・運用会社です。
建築に特化することで業界のニーズに的確に対応し、集客できるホームページをご提供しています。全国からお申込みいただけるWEB個別診断もございます。

そろそろwebサイトを見直したい、知識はないがweb集客に興味がある、ターゲットから見直しビジネスの土台を整えたい…。こんなお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

ミライスタイルのオンライン相談

【オンライン相談の詳細はコチラ】

工務店のWEB運用実績一覧

【WEB運用実績】


株式会社ミライスタイル
https://mirai-style.net/
〒300-2417茨城県つくばみらい市富士見が丘2-14-5
tel:029-734-1307
fax:029-734-1308

お問い合わせ

CONTACT

(株)ミライスタイルでは今後の人口減少・少子高齢化・建物ストックの飽和による住宅・建築業界の需要変化と
コロナ禍におけるユーザーの変化を見据えて、住宅・建築業界に特化した「WEB運用」を設計事務所さん・工務店さんに導入しています。
WEB運用は日本全国、オンラインにてご対応しております。

採用情報はこちら
メッセージ

MESSAGE

ミライスタイルのWEB運用
10の「ごめんなさい」

当社ではWEB作業者の人工の組合せで結果が大きく左右するWEB運用において 「やらない事」を決め、クライアントの大切なご予算を運用させて頂きます。

VIEW MORE
MENU
PAGE TOP