塗装業で独立するメリットと準備|成功のコツも

塗装独立後の現場調査

一人親方として働く方も多い塗装業は、比較的独立のハードルが低い業種と言えるでしょう。

しかし独立後も安定して稼ぐためには、しっかりポイントを押さえて準備をする必要があります。

今回は塗装業の独立について、メリットややるべき準備、成功のポイントなどを詳しく解説します。

 

 

塗装業で独立するメリット

外壁塗装の足場 

 

収入を上げやすい

塗装業の独立で得られるメリットとして、収入アップは大きいですよね。

親方の下や会社で塗装職人として働く場合、月給・日給のどちらかになるため上限はある程度決まります。

しかし独立すればこなした分の利益が入ってくるため、収入の上限はありません。

利益の大きい仕事を増やしたり、法人化して経営規模を拡大したり、やり方次第でかなり高収入を狙えます。

上手く集客できれば、収入1,000万円超えも難しくはないでしょう。

 

仕事の波を減らせる

独立して自分で仕事を獲得すると、波を減らして安定した働き方ができるのもメリットの一つです。

一塗装職人として働く場合、親方や社長の力量や采配によって仕事量は変わります。

自分自身の営業力や対応力を磨けば、仕事を断れず休日出勤続き・・・という事態を防げるわけです。

日給月給の場合と違い、雨が続いて収入が減るといった心配がないのも独立の魅力♪

 

自分のスタイルで仕事できる

一口に塗装業と言っても経営スタイルはさまざま。独立すれば自分の性格や理想に合わせて仕事のスタイルを決められるのもメリットです。

親方や社長の経営方針、仕事スタイルと合わないときは、独立を検討してみるのも一つの考え方です。

 

塗装独立の準備

外壁ローラー塗装 

 

準備・運転資金を用意する

塗装業は開業届を出すだけで独立可能ですが、仕事道具や車両の準備、チラシやホームページでの集客には準備~運転資金が必要です。

運転資金の用意は、現金で貯めるか融資を受けるかの2通りが考えられます。

毎月の給料から自己資金を積み立てるのは時間がかかるため、独立をイメージした早い段階から貯めるようにしましょう。

日本政策金融公庫の創業融資など、個人事業でも借入しやすい融資を利用するのも一つの手です。

審査を通すにはしっかり事業計画を練り込む必要がありますが、安定収入を目指すならどちらにせよ必要になるものです。

必要になる金額をしっかりシミュレーションし、資金ショートしないような計画を立てましょう。

 

営業力を磨く

独立後どのような経営方針でも必要となる営業力も、早くから磨いて準備しておきましょう。

どんなに腕の良い職人でも、無愛想で意思疎通ができなければコンスタントに仕事を集めるのは難しいです。

逆にコミュニケーション能力を磨いて元請け会社やお客様の意思を上手くくみ取ることができれば、満足度が高まり次の仕事につながります。

1従業員のときとは違う営業力が求められることも多いため、社長や親方の仕事ぶりを観察して技術を覚えておきましょう。

 

資格を取得する

塗装業の独立には特別な資格は不要ですが、時間とお金に余裕があれば取得しておいて損はありません。

一級・二級塗装技能士などの国家資格、外壁塗装診断士など民間の資格があると、塗装業者としての信頼感を訴求しやすくなります。

同じエリア内の塗装業者と比較検討されても仕事を受注しやすくなるので、受験資格があれば積極的に取得しておきましょう。

 

道具や車両の確保

今まで会社や親方の道具・車両を使っていたなら、新しく用意する必要があります。

現場で使用する道具はご自身で分かると思いますが、契約書やプリンタなど経営面で必要になるものも少なくありません。

また足場やコンプレッサーをレンタルする方法もありますが、独立直後は契約してくれない会社もあります。

今の会社に紹介してもらうなど、独立前に人脈を築いておくことも重要です。

 

人材採用と育成

最初は一人親方として独立する方も多いですが、徐々に売り上げを伸ばしていくなら人材採用と育成は避けて通れない道です。

特に建築業界は人手不足が慢性化しているため、そもそも採用が難しく育てるのも時間がかかります。

多くの仕事をこなし安定収益を早期実現するには、早い段階から人を採用して育成しておくのがおすすめです。

知り合いから働きたい人を紹介してもらえるケースも多いので、早いうちから独立の話をしておくのも良いでしょう。

 

集客体制の構築

いかに独立の準備を整えても、お客さんが来なければ収入は得られません。

スタートと同時に仕事を始められるよう、独立前に集客体制も構築しておきましょう。

最初は近隣でポスティングする方も多いと思いますが、配ってすぐに効果が出るわけではありません。

メニューや金額、レイアウトなどを決めて印刷するのにも時間がかかるので、事前に用意しておきましょう。

ポスティングで目に留まったユーザーは、電話をする前に必ずネット検索をするので自社ホームページも用意しておきたいところです。

ただテンプレート的なホームページを作成するだけでなく、集客につながるポイントを押さえたサイトを用意しましょう。

関連コラム

 

塗装独立で成功するコツ

塗装屋ぬりべえのホームページ

独立はある程度の資金があれば誰でもできますが、全員が成功するわけではありません。

成功のコツをしっかり押さえて、安定した経営を目指しましょう。

 

元請け仕事を増やす

塗装屋の看板を掲げて独立した直後は下請け仕事も必要ですが、徐々に元請け仕事にシフトしていくことが成功の重要ポイントです。

元請け仕事は利幅が大きいことに加え、自社の特色や強みを出すことで価格競争から抜け出せるのもメリット。

また下請けメインだといきなり仕事が減るリスクがありますが、元請けになれば発注量も予測・調整しやすくなります。

元請けになるメリットや方法については、こちらのコラムで詳しく解説しています。

関連コラム

 

施工事例を積み上げる

塗装業としての信頼と集客を獲得するには、施工事例の数を積み上げることも必要です。

多くの塗装業者をホームページで比較できる現代、施工事例は技術や信頼性を証明する要素となります。

事例が多く、価格・使用材料などの情報も掲載している塗装業者は、ホームページ経由の集客を獲得しやすくなります。

施工事例はいきなり用意することができないため、じっくり育てれば大きな資産になるでしょう。

具体的な施工事例の積み上げ方はこちらのコラムもご覧ください。

関連コラム

 

紹介受注を増やす

塗装で成功している多くの会社は、現場近辺からの紹介受注が多いのも特徴です。

紹介案件は集客コストが掛かっておらず、口コミで信頼も獲得できているため受注までの工数も削減できます。

一軒の現場から紹介受注を徐々に増やせば、相乗効果でローコスト集客につながります。

近隣挨拶の手を抜かずしっかり説明したり、紹介割引キャンペーンを用意したり、地道な工夫で紹介仕事を増やしましょう。

 

家族の同意と協力を得る

意外なポイントかもしれませんが、パートナーやお子さんなどご家族の同意と協力を得ることも成功のコツと言えます。

独立直後は資金繰りや労働時間など頑張らなければいけないことが多く、家族にかかる負担も少なくありません。大変な時期を乗り越えるには、家族の理解とサポートは不可欠です。

ご家族がいらっしゃる方は、独立に踏み切る前にしっかり相談し、経営が軌道に乗るまでの協力をお願いしておきましょう。

 

まとめ

塗装業は比較的独立しやすく、成功すれば大きな収入をつかめる夢のある業種です。

ただし独立すればだれでも儲かるわけではなく、綿密な準備と精度の高い経営計画を立てる必要があります。

結婚などを機に収入アップを目指したい、自分のスタイルで仕事をしてみたいなど、思い立ったら早めに独立計画を考えてみましょう。

 

不動産会社のホームページ

独立開業後の集客のことは、建築業界専門のホームページ制作・運用会社ミライスタイルにご相談ください。

ただキレイなホームページを作るだけではなく、お客様が知りたい情報を充実させ集客できる自社サイトをご提案いたします。

全国からお申し込みいただけるオンライン相談がございますので、まずはお気軽にお声掛けください。

ミライスタイルのオンライン相談

【オンライン相談の詳細はコチラ】

工務店のWEB運用実績一覧

【WEB運用実績】


株式会社ミライスタイル
https://mirai-style.net/
〒300-2417茨城県つくばみらい市富士見が丘2-14-5
tel:029-734-1307
fax:029-734-1308

 

著者情報

茂田啓良

茂田啓良(株)ミライスタイル ライター 

リフォーム営業マン・監督、エクステリア職人を経験しました。プラン提案、現場管理、施工と様々な視点から家づくりに関わって得た経験と知識を活かし、暮らしに役立つ情報をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら

監修者情報

平野雄介

平野雄介(株)ミライスタイル 代表

筑波大学大学院人間総合科学研究科 建築専攻卒。ゼネコンの現場監督,木造躯体供給会社,構造設計事務所のWEB担当を経て独立。建築業界専門のWEB運用会社 株式会社ミライスタイルを創業。

保有資格 一級建築士

詳しいプロフィールはこちら

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから