内窓リフォーム業界のWEB制作を進めています | ミライスタイル

内窓リフォーム業界のWEB制作を進めています

現在、内窓リフォーム業界のWEB制作を数件、進めております。

日本全国から過去の実績をご覧いただいた会社様からお問い合わせをいただいておりまして、メーカーや販売会社・工務店様双方のサイト制作・運用となります。

 

リフォームへの業態変換・新規事業は、縮小市場の新築住宅事業を行う工務店様にとっては、喫緊の課題となっています。

 

その中で、今年のテーマとして話題なのが「先進的窓リノベ事業」の補助金になります。

新築を中心に展開している会社さんは補助金を弾み車にしてリフォーム・リノベーション事業に乗り出す会社が増えていると感じています。

今後は人口が半減する日本で、建物の床面積が足りている現況を考えると新築市場の頭打ち感と、ゼロサムゲームは今後否めない状況です。特に地方や遠隔郊外はその様相は顕著となります。

私どものようなWEB制作会社が建築業界に対して出来る事を考えた時に、GDP・需要のパイ自体を底上げするような妙案は閃きません。

今後の日本の新築市場のマーケット自体を広げる事は難しいですが、私どもと二人三脚して頂けるクライアント様だけは高度なWEB運用と商品・サービスを開発し、その中で打開して成長・経営環境を改善頂くお手伝いが出来ればと思っております。

さて、この先進的窓リノベ事業ですが1戸当たり最大200万円の補助金が出ますので、冬場の内窓市場の盛り上がりと相まって問合せが伸びています。

GOOGLEの窓に、月間で何回キーワードが打ち込まれるか:需要の大きさを表す「月間検索数」の指標も、内窓・先進的窓リノベ事業ともに年明けになって大きく上昇してきています。

 

こちらは内窓のネット検索需要の季節推移。1000を超えるネット検索需要の有るものは、中小工務店様が一つのマーケティング軸と位置付けるのにお勧めの大きさになります。

ご覧の通り12月~3月の冬期は大きく伸びる半面、夏場は需要が少なくなる傾向が有ります。寒さ対策、断熱リフォームを検討している顧客層の需要が冬場に伸びます。逆に今が良いのを鵜呑みにし過ぎると、後で夏場の苦しい時間帯をどのようにしのぐかに苦慮しますので、2年以上の継続する事業としてご提案しています。

 

先進的窓リノベ事業というキーワードは、12月頃から少しづつ「これはひょっとしてインパクトがかなり大きいのではないか」と言われ始め、2023年1月になって本格的に検索需要が上がってきています。今が旬のキーワードですが、盲点となりやすいのは「補助金には期限が有る」という事です。

駆け込み需要を獲得する必要があるのですが、ネット上の対策と照らし合わせていくと、SEO対策は最短でも効いてきて効果を大きく発揮するのに半年以上の時間を要します。

具体的には、①インデックス→②クロール→③順位付けという3段階を経て検索流入が多くなってきます。

短期施策としては、直接的な動機を検索窓に打ち込むリスティングの検索広告を入れているクライアントが多いです。こちらは設定後当日より流入が開始されます。「内窓」「先進的窓リノベ事業」のようなリフォーム業界のミドル~ビッグキーワードは競合性が高まっている事も予測されますので、手法上のレッドオーシャンに入り込んで消耗しないように、競合の網の目を搔い潜って対策していきます。

リスティング広告の管理画面については人が設定するものになるので、掛けた時間と共に状況が改善していく傾向が有ります。SEO対策程の資産価値的要素は無いと位置付けてはいますが、管理画面の設定は一定の資産価値的な要素が有ると思っています。

 

このようなキャンペーン、事業展開については、

■ 事前の市場予測

■ 短期及び中長期の組み立てと費用配分

 

の2点が重要になりますので、そのような時間軸の組み立ても当社では提供しています。

この後、数件内窓リフォームの事業のWEBサイトを公開予定です。

 

当社は内窓業界におけるWEBマーケティングにおける知見はWEBアクセス数や問合せといった事例に確固たる数値的な実績が有り、その手法は日本でもトップクラスである事を自負しております。ただ、そこには手法に拘泥しないという要素も含まれています。

 

売れる商品・サービスをどのように作るか。

 

商品・サービスを作るのは社長の仕事と言われ、当社の自社に置き換えても例外ではなく、日々積み重ねをしております。社長の気持ちが分からない人に経営のアドバイスはできませんので、全員経営の会社を作る事で経営的に動ける人材を育てております。

 

WEBマーケティング的な側面をいかに整えても、商品・サービスの魅力度や力が足りない場合は、社長様にそれをお伝えし、足りない要素をどのようにしていくか、二人三脚でお供しています。

 

どちらも、随所にその会社でしかできないサービス内容を盛り込んでいますので、是非ご期待ください。

 

string(0) ""
採用情報はこちら
お問い合わせ

CONTACT

(株)ミライスタイルでは今後の人口減少・少子高齢化・建物ストックの飽和による住宅・建築業界の需要変化と
コロナ禍におけるユーザーの変化を見据えて、住宅・建築業界に特化した「WEB運用」を設計事務所さん・工務店さんに導入しています。
WEB運用は日本全国、オンラインにてご対応しております。

採用情報はこちら
メッセージ

MESSAGE

ミライスタイルのWEB運用
10の「ごめんなさい」

当社ではWEB作業者の人工の組合せで結果が大きく左右するWEB運用において 「やらない事」を決め、クライアントの大切なご予算を運用させて頂きます。

VIEW MORE
MENU
PAGE TOP