ワイヤーフレームについて | ミライスタイル

ワイヤーフレームについて

a0070_000178

皆様、こんにちは。ミライスタイルディレクターのSです。

今回はワイヤーフレームに関して解説致します。

WEBにおけるワイヤーフレームとはWEBサイトのレイアウトを大まかに書き出したWEBサイトの設計図を指します。

デザインや配色を除いて骨組みを示したものがワイヤーフレームとなります。

ワイヤーフレームは手書きでもイラストレーターやエクセルなどのソフトを使っても制作することができます。

しかし手書きよりもソフトを使ってデータとして残しておく方が容易に修正できるため推奨されます。

いわばWEBのコンテンツを、どこに配置するか見える化したラフな設計図がワイヤーフレームとなります。

実際にコーディングしデザインを決めていくのはその後となります。

デザインの際に必要な構成要素は以下です。

・ヘッダー

・コンテンツ

・フッター

そして初心者が気をつけるべきポイント(優先順位)は以下となります。

1.Webサイト(Webページ)のゴール

2.ターゲット

3.伝えたい内容と優先順位

4.表現における「これはNG」というもの

以上のことを踏まえ手書きでラフなものを書きツールを使い清書をします。

私はこの記事を書いているうちにワイヤーフレームはとても使える概念であることに気がつきました。

特にWEBサイト作成においてデザインを決める際のブレインストーミングにかなり有効だと思います。

(S)

NULL
採用情報はこちら
お問い合わせ

CONTACT

(株)ミライスタイルでは今後の人口減少・少子高齢化・建物ストックの飽和による住宅・建築業界の需要変化と
コロナ禍におけるユーザーの変化を見据えて、住宅・建築業界に特化した「WEB運用」を設計事務所さん・工務店さんに導入しています。
WEB運用は日本全国、オンラインにてご対応しております。

採用情報はこちら
メッセージ

MESSAGE

ミライスタイルのWEB運用
10の「ごめんなさい」

当社ではWEB作業者の人工の組合せで結果が大きく左右するWEB運用において 「やらない事」を決め、クライアントの大切なご予算を運用させて頂きます。

VIEW MORE
MENU
PAGE TOP