令和時代はリフォームコンサルとWEB運用をセットで考えるべき理由

コンサルティングの資料説明

群雄割拠のリフォーム業界を生き残るための手段として、コンサルティングサービスを活用したり検討してたりしている経営者の方も多いのではないでしょうか?

大手から個人までさまざまなコンサルタントが居ますが、インターネット全盛の現代はWEB運用とセットで考える必要があります。

特にホームページやWEB集客に力を入れたい方、コンサルタントを入れているがうまく成果が上がっていない方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 


目次
■令和のリフォーム業界はデジタル移行がカギ
■リフォームコンサルとWEB運用をセットにすべき理由
■リフォームコンサル&WEB運用実例
■リフォームコンサルで効果が出ないときにチェックすべきこと


 

■令和のリフォーム業界はデジタル移行がカギ

アクセス推移のグラフ

もはや改めて言うまでもないことですが、スマートフォンの普及によるデジタル化の波はリフォーム業界にも到達しています。若年層だけでなくリフォームのメインユーザーである働き盛り世代でも、スマホで買い物や調べごとをすることは一般的になりました。

ショールームやイベントの来店が多いリフォーム店でも、ホームページなどインターネットがきっかけとなるケースも増えています。将来的に安定した集客を確保・維持するためには、新聞チラシやポスティングといった従来の広告手法だけでなく徐々にデジタルに移行していく必要があるでしょう。

 

■リフォームコンサルとWEB運用をセットにすべき理由

WEB運用のイメージ

冒頭でお伝えしたように、これからの時代はコンサルとWEB運用を別で考えるのではなく、セットで取り組む必要があります。

 

・スピード感のある対応が可能になる

コンサルティングとホームページ運用が別の会社だと、コンサルタントと相談して決めた施策を実施するまでのタイムラグが生まれます。

例えばグリーン住宅ポイントのような国の施策を活用する際も、ホームページの対応スピードが遅いと競合に出遅れてしまいますよね。

コンサル会社がWEB運用も担当すれば、スピード対応で効果的なタイミングで施策を打つことができます。伝言ゲームのような工程がなくなり、実務上の負担軽減や伝達ミスを防げるのも大きなメリットです。

 

・具体的なWEB施策を打てる

リフォーム業界とホームページ運用両方の知見があるコンサルタントなら、より細かく具体的なWEB施策を実行することができます。

例えば新しいホームページデザインを考える際、技術的にクリアできるかどうかといった課題を確認する必要がなく、その場で結論を出すことができます。

ホームページデザイン上の改善点や実店舗イベントとの連携など細かな施策も打ちやすく、立案から素早く実行できるのも大きなメリットです。

 

・データと集客効果を検証して改善できる

ホームページやリスティング広告などのWEB広告はデータが集まりやすいのが大きなメリットですが、結果を分析して改善しないと意味がありません。コンサルとWEB運用がセットなら、出てきた結果やデータを詳しく分析して次の施策に活かすことができます。

コンサルがWEB運用も行うことで集客数だけでなくデータの推移など細かい部分までチェックでき、より効果的な改善案を立案することが可能になります。

 

・新しい集客手法を導入しやすい

SNSの活用やLINE問い合わせなど新しい集客手法を導入するのも、コンサルとWEB運用がセットだとスムーズです。

別のホームページ運用会社だと、対応の可否や組み込みの費用などを確認する時間と手間がかかってしまいます。せっかく良い施策を思いついても、運用会社が対応してくれないと別の会社を探さないといけません。

令和時代に新しく登場する集客手法に素早く対応できるのも、コンサル&WEB運用をセットにする大きなメリットの一つです。

 

■リフォームコンサル&WEB運用実例

実際にミライスタイルでホームページ運用やデザインをお手伝いしたリフォームホームページの実例をご紹介します。

 

東部燃焼(株):茨城県水戸市

東部燃焼のホームページ

ガス事業を展開する会社様のリフォーム部門ホームページリニューアルと、集客運用実例です。

 

東部燃焼のショールーム

ショールームやスタッフ様の写真撮影からお手伝いし、シンプルでわかりやすいサイトデザインに改修しました。

 

東部燃焼のコラムページ

リニューアル後もコンテンツSEO対策とリスティング広告の運用をお任せいただき、月に一度のミーティングで改善コンサルを実施しています。

 

【運用実例の詳細】東部燃焼(株)

 

RESUM:東京都足立区

RESUMのホームページ

競争の激しい都内エリアを中心にリフォームを展開するリフォーム店様のホームページ運用事例です。

 

RESUMのリフォーム特集

女性プランナーの目線による提案や子育てリフォームプランなど、コンセプトや強みを全面に打ち出した見せ方を工夫しています。

 

ユーザーの気持ちに寄り添った「すまいの健康診断」コンテンツなど、競合と差別化する施策も盛り込んでいます。

 

【運用実例の詳細】RESUM

 

■リフォームコンサルで効果が出ないときにチェックすべきこと

WEBディレクターの打ち合わせ

コンサルサービスの難しいところは、費用に対して一定の成果が必ず上がるとは限らないところです。コンサルタントのアドバイスを受けても集客効果が出ていないときは、自社との相性や相手の実力を改めて確認すべきかもしれません。

 

・自社のコンセプトを理解してくれているか?

契約しているコンサルタントが、自社のコンセプトや強みを把握しているかどうかは重要なポイントです。

リフォーム業界で集客するためには定石に則った施策を打つだけでなく、競合と差別化できる部分で勝負していく必要があります。ただ新しい集客手法を採り入れたりリニューアルを繰り返したりするだけでは、安定した集客は生まれません。

集客効果が上がらない場合、コンサルタントが自社の強みを把握し、それに沿った施策を考えてくれているか再確認してみましょう。

 

・定期的に改善提案があるか?

どんなに優秀なコンサルタントでも、最初に計画したプランと寸分の狂いもなく経営を進めていくことは難しいでしょう。定期的な報告・相談の場で、現在の経営状況や市場動向を踏まえた改善提案が必要になってきます。

集客効果が上がらない場合、このフェーズがうまくいっていない可能性が高いです。打ち合わせの頻度だけでなく、こちらから要望を出す前にコンサル側から改善提案があるか確認してみてください。

 

・新しい手法を試すだけになっていないか?

リフォーム業界でもVR内見やSNS・YouTube動画の活用など新しい集客手法がどんどん登場しています。新しいことにチャレンジするのはもちろん良いことですが、自社のコンセプトや強みを無視して手当たり次第に採り入れるだけでは効果が上がりません。

導入しただけで一気に効果が上がる魔法のような集客方法はなく、分析と調整が必ず必要になります。コンサルに言われるがまま新しい手法を試しているのに、効果が上がらないときは改めて見直してみてください。

 

・対応スピードは遅くないか?

優秀なコンサルほど多くのクライアントを抱えているため即時対応は難しいものがありますが、対応スピードが遅すぎるとしたら大きな問題です。

特に新型コロナウイルスを機に業界動向が大きく動いている令和時代、動きの遅い企業はどんどん取り残されてしまいます。

対応スピードに基準はないため比較検討が難しいですが、体感的に遅いと感じたらしっかり話し合う必要があるかもしれません。

 

・業界の動向を把握しているか?

単店舗や地域密着型のリフォーム店にとって、コンサルを活用する目的の大部分は業界動向に沿った経営施策を打つことだと思います。付き合っているコンサルタントがどれくらい業界に精通して最新情報を持っているのか、というのは重要なポイントです。

コンサルタントがどれだけ業界に精通しているかは、取引企業の数やジャンルの幅をチェックするのが良いでしょう。多くの企業を実際にコンサルするほど、業界の情報も豊富に集まってきます。

 

■まとめ:リフォームコンサルはWEB運用とセットで考える

一流のスポーツ選手に優秀なトレーナーがついているように、第三者目線で施策を立案できるコンサルの活用は大変効果的です。

しかし新聞広告や実店舗イベントに頼った旧来のコンサルティングだけでは、将来的に安定した集客は見込めません。コンサルはホームページやリスティング広告といったWEB運用とセットで考え、これからのリフォーム業界にしっかり対応しましょう。

 

リフォームの集客コンサルとWEB運用はミライスタイルへ

ミライスタイルのスタッフ

私たちミライスタイルは、建築業界に特化したWEB運用・コンサルティングサービスを提供している会社です。

単なるWEB運用会社ではなく、建築士や元住宅営業マンなど建築業界のノウハウを持つスタッフが集まっているのが強みです。リフォーム業界をはじめ多くの会社様をサポートして蓄積したノウハウをもとに、コンセプトや強みに合わせた施策をご提案いたします。

ミライスタイルのオンライン相談

【オンライン相談の詳細はコチラ】

日本全国に対応するオンライン個別診断も毎日実施していますので、集客にお悩みの経営者様・ご担当者様もぜひお気軽にご相談ください。

 


株式会社ミライスタイル
https://mirai-style.net/
〒300-2417茨城県つくばみらい市富士見が丘2-14-5
tel:029-734-1307
fax:029-734-1308

 

著者情報

茂田啓良

茂田啓良(株)ミライスタイル ライター 

リフォーム営業マン・監督、エクステリア職人を経験しました。プラン提案、現場管理、施工と様々な視点から家づくりに関わって得た経験と知識を活かし、暮らしに役立つ情報をお届けします。

詳しいプロフィールはこちら

監修者情報

平野雄介

平野雄介(株)ミライスタイル 代表

筑波大学大学院人間総合科学研究科 建築専攻卒。ゼネコンの現場監督,木造躯体供給会社,構造設計事務所のWEB担当を経て独立。建築業界専門のWEB運用会社 株式会社ミライスタイルを創業。

詳しいプロフィールはこちら

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから
30分でわかる資産になるWEB運用