【不動産】ホームページ制作のポイントとアクセスを伸ばす5つの方法

自社情報を公開するだけでなく、お問い合わせや資料請求といった集客媒体としても活用したい不動産会社のホームページ。これから新しく作成したりリニューアルしたりするのであれば、しっかりとアクセスを見込むことができて集客に活用できるホームページをつくりたいですよね。とはいえ、どういった内容にすれば良いのか、アクセスを伸ばすためのポイントはあるのか、などわからないことがたくさんあると、ホームページ制作を進めていくことができません。
そこで今回は、不動産会社のホームページ制作を進める上で知っておきたいポイントをまとめてご紹介します。これからのweb運用計画に、ぜひお役立てください。


コラムのポイント
・不動産会社のホームページは、どういった役割を持たせたいのか、デザインや動線はどうするのか、などをよく考えた上で制作を進めていくことが大切です。
・せっかくホームページを作成、リニューアルするなら、多くのアクセスを集め集客につなげることができるクオリティに仕上げたいもの。アクセスを伸ばす5つの方法を織り交ぜながら、質の高いホームページ制作を進めていきましょう。


目次
◼ 不動産会社のホームページの役割
◼ 不動産会社のホームページに入れておくポイント
◼ ホームページのアクセスを伸ばす5つの方法
◼反響のある不動産会社のホームページをつくるなら…

 

不動産会社のホームページの役割

不動産会社のホームページ

気になる商品や会社情報など、知りたいことがあると多くの人はまずインターネットで検索し、購入や問い合わせなどをするかどうかを決めています。そのため、どれだけホームページが充実しているかはとても重要で、どういった役割を持たせたいのかを考えた上で制作を進めていくことが大切です。

まずは、不動産会社のホームページの役割を順番にみてみましょう。

 

役割① ブランディング

自社が届ける価値と顧客がイメージする価値を一致させること、自社の取り扱う物件やサービスが他社とは違うこと、『企業ならでは』の認知を広げることを目的として行うブランディング。ホームページは、不動産やサービス、会社の認知を高め、不動産会社の企業価値、社会的な信用を高める役割があります。

役割② 顧客との信頼構築

顧客が必要とする情報を掲示し満足度を高めてもらうことで、信用してもらう。ホームページにはこういった流れをつくり、信頼関係を築く役割があります。信頼関係が構築されていることで、お申し込みや来店といった集客に繋がりやすくなります。

役割③ 事業内容や物件情報の公開

どんなサービスを展開しているのか、具体的にどんな物件を取り扱っているのか、などあらかじめ掲示しておくことで、室内の写真や間取り、外観といった物件情報を探してもらいやすくなります。物件を探しているお客様自ら探すことができる手軽さが、アクセスアップに繋がります。

役割④ 問い合わせ窓口としての機能

購入意欲のあるお客様は、気になる物件があればすぐに問い合わせをしたいもの。そんな時、必要な情報が見やすく連絡手段がわかりやすく掲示されているホームページがあれば、すぐにコミュニケーションをとることができ、お客様の負担を軽減することができます。

 

関連コラム

 

 

 

不動産会社のホームページに入れておくポイント

不動産会社のホームページ

不動産会社のホームページ制作を進めていく場合、どういった内容を盛り込めばよいのでしょうか。

 

・会社情報

同じ選ぶなら、信頼できる会社の物件を選びたい。多くのお客様はそう考えており、検索時にどのような会社なのかを確認します。ローンや審査、現在の住所などプライベートな情報を出しても大丈夫だと思ってもらえるよう、会社情報を載せておきましょう。店舗の雰囲気やスタッフの紹介ページなど、人の気配があるホームページにしておくことでより信頼度は増していきます。

 

・物件情報

どのような物件を取り扱っているのか、詳細な情報を載せましょう。特に写真は『住みたい!』『この物件がいい!』と思ってもらうためには重要です。最近は動画やVRといった、よりリアルに伝える手段も増えており、うまく活用すれば差別化にもつながるのでおすすめです。

・サービス内容

無料相談会や座談会、見学会など独自で展開しているサービスを載せておくことで、より興味を持ってもらうことができます。サービスを受けたお客様の感想や何が得られるのかなど、合わせて記載しておくと良いでしょう。不動産売買のルールが法改正によって変わったり、広告法によって表現が制限されていたりするので、表記には注意が必要です。

・お問い合わせ

電話やメールなど、気になった時にすぐ問い合わせることができるよう、お問い合わせページをわかりやすい箇所に設置しましょう。1箇所だけでなく、複数箇所に設置するのがおすすめです。

 

関連コラム

 

 

 

ホームページのアクセスを伸ばす5つの方法

不動産会社のホームページ

アクセスを伸ばし集客に繋げていくためには、次の5つのポイントをおさえた上で制作、運用を進めていくのがおすすめです。

 

① 良質なコンテンツを増やす

数多くの物件情報を掲示してこまめに更新する、物件を探している人にとって読み応えのあるコラムを書く、よくある質問や物件購入までの流れのようなお客様の疑問や不安を解消できるページを作成する、といった内容が充実したコンテンツを増やしておきましょう。お客様の満足度を高めることができるので、結果としてアクセスアップが望めます。

▶︎差別化された記事投稿について

② web広告で露出を増やす

お客様が検索したキーワードに関連の高い内容の広告を表示する、web広告。物件情報をより必要としている人に届けることができる上、検索順位にも左右されません。ある程度費用はかかりますが、即効性も期待できます。露出を増やすことで、より多くの人に見てもらうことができます。
web広告と合わせて、SEO対策というGoogleやYahooなどの検索エンジンからのアクセスを集める手法も織り交ぜることで、より効果を高めることができるので検討してみるのもおすすめです。

▶︎地域を絞り即効性のあるweb広告運用について

③ 継続して運用を続ける

ホームページは公開して終わり、ではなく育て続ける必要があります。物件情報の入力や更新、ブログを書く、イベント情報の告知といった地道な作業をひたすら続けることで、アクセスが集まり集客につながるようになります。1度の訪問だけでは情報収集を終えることができないほどコンテンツを積み重ねることが、リピーターを増やしアクセスアップにつながるのです。

▶︎より効果的な運用を続ける方法

④ お客様の動線を整える

類似物件の紹介や似たテーマのコラムなど、必要としている情報をお客様がすぐに手に入れることができるよう、ホームページ上の動線を整えておきましょう。申し込むページがわからない、物件の詳細を見るボタンがわからない、など迷わせてしまうと離脱に繋がります。わかりやすい動線ならお客様の回遊率が上がり、結果良いホームページだと判断され検索上位化も狙うことができます。ストレスなくページを移動できるようにしておくのがポイントです。

▶︎見やすく美しいホームページ制作について

⑤ 見やすく整ったデザイン

物件の美しさはもちろん、ホームページのデザイン性もかなり重要です。レイアウトや使用する画像のクオリティ、フォントの種類やサイズ、使用する色など、情報をすぐに理解できるように整えましょう。デザインを整えることで印象がよくなりクリックやお申し込みが増え、離脱率を下げることができます。また、再訪問につなげることもできるでしょう。

▶︎集客につながるwebデザイン制作について

 

関連コラム

 

 

 

反響のある不動産会社のホームページをつくるなら…

不動産会社のホームページ

せっかくホームページを作成、リニューアルするなら、多くのアクセスを集め集客につなげることができるクオリティに仕上げたいもの。今回ご紹介したそれぞれのポイントを織り交ぜながら、質の高いホームページ制作を進めていきましょう。

 

不動産会社のホームページ

ミライスタイルは建築業界専門のWEB制作・運用会社です。

これからホームページを立ち上げる、リニューアルを検討している、といった場合はぜひ一度ご相談ください。建築に特化することで業界のニーズに的確に対応し、集客できるホームページをご提供させていただきます。全国からお申込みいただけるWEB個別診断もございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ミライスタイルのオンライン相談

【オンライン相談の詳細はコチラ】

工務店のWEB運用実績一覧

【WEB運用実績】


株式会社ミライスタイル
https://mirai-style.net/
〒300-2417茨城県つくばみらい市富士見が丘2-14-5
tel:029-734-1307
fax:029-734-1308

 

建築業界のWEB運用サービスの特徴

お問い合わせはこちら オンライン個別診断はこちらから
建築業界向けWEB活用セミナー